信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
3月4日夕方に無茶な事をしたせいかホームページが開かなくなっていましたが
復旧しました。


c0116631_18484037.jpg


# by studio-aula | 2019-03-04 18:48 | Comments(0)

土日

c0116631_11075334.jpg
今週も楽しく打ち合わせが出来ました。
また大規模リノベ―ションも始まりそうです。

春着工に向け
また少し切羽詰まっていますが猫が癒しです。。


# by studio-aula | 2019-02-25 11:10 | Comments(0)

新しい計画

c0116631_12421405.jpg
松本、塩尻周辺にて土地を探したいという新しい計画の相談が増えています。
関係書類を取り寄せるべく時々不動産会社へ連絡を入れるのですが
業界が違うと言葉が通じにくくて困ります。

不快な思いをしない事がほぼない・・




# by studio-aula | 2019-02-18 12:46 | Comments(0)

モルタル床

c0116631_11041472.jpg

昨年竣工した平屋です。
ダイニング床までモルタルは初めてでした。
寒さを心配していましたが、先日お逢いした際に聞いたところ
エアコン一台でも寒くないという話でした。

ダブル断熱、そして平屋、生活状況に寄ると思いますが
ほっとしました。

# by studio-aula | 2019-02-14 11:06 | HK-FLAT | Comments(0)

現場監理(検査)

c0116631_09091463.jpg

伊那市の「須磨の家」基礎配筋検査とコンクリート打設
基礎配筋検査へ
初めての基礎やさんでしたがとても綺麗な施工でした。
土間エリアも多いので配管の逃げと経路も確認。

建て方に向けて、プレカットの打ち合わせと材料検査に飯伊まで
とても綺麗な材が揃っていました。

東京オリンピックの関係で長野県産材の木材不足が続いています。

c0116631_09132272.jpg


# by studio-aula | 2019-02-14 09:16 | 須磨の家 | Comments(0)

完成写真

c0116631_08364039.jpg



c0116631_08403490.jpg

松本市のまちなか暮らし「マンションリノベーション」
築20年ほどの某大手さんの3LDKを購入
スケルトンにしてからRCの素を生かす部分を検討し
ラワン合板、構造用合板と工業用照明など施主さんが愛着の持てる素材を使い
設備、配管刷新してフルスペックでリノベーションを行いました。


最近はリノベーションを行ってから売りに出す中古物件が多いのですが、実情はまたそれを好みの素材に変えたいというお話が増えています。
拘りの世代のジレンマの様です。
リノベーション前は普通のマンションの内装です。購入時点でクロスと一部設備が新しくなっていました。

リノベーション前
c0116631_08383202.jpg
リノベーション前

c0116631_08392494.jpg

# by studio-aula | 2019-02-12 08:48 | 三番館前リノベーション | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09341935.jpg




c0116631_09345583.jpg
寒い日でしたが、晴れた良き日に
長野市で地鎮祭を行いました。

土地探しを始める前にお越し頂き一緒に何件か土地を見て
利便性の良い安茂里駅の近くに住まいを決めました。

これから7月の竣工までよろしくお願いします。
お施主さん本当におめでとうございます!

# by studio-aula | 2019-02-04 09:39 | 光画の家 | Comments(0)

引き渡し




c0116631_06593344.jpeg





c0116631_07011711.jpeg
松本市中町近くのマンションリノベーション
引き渡しでした。

素を生かし、どこか懐かしい雰囲気のある
仕上げは繊細な施工の仕上げがあり成り立つものでした。


お施主さん、小笠原建築さんありがとうございました。

# by studio-aula | 2019-02-03 06:58 | 三番館前リノベーション | Comments(0)

引き渡し

四季を感じる家
引き渡しが終わりました。
景色と人に癒されて楽しい現場でした。

お施主さんには、いろいろとお気遣いいただき本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

c0116631_06325384.jpeg
c0116631_06333109.jpeg




# by studio-aula | 2019-02-01 06:27 | 四季を感じる家 | Comments(0)

竣工が近くなりました。

c0116631_11543922.jpg
敷地内の石の撤去を行った為に基礎工事に4ヵ月を要した「四季を感じる家」もいよいよ竣工と引き渡しが近くなりました。
今年もあっという間に1か月が過ぎようとしています。

1月はメンテに伺ったり1年点検(とっくに2年超え)に伺ったり
春着工の打ち合わせや
新しい計画など一日も無駄にせず!動いています。

息切れしないように・・月の満ち欠けや自分の体と向き合ってヨガを頑張ったりピアノを頑張ったり?も。
寒さが厳しいですが、春の音も聞こえて来てます。



# by studio-aula | 2019-01-29 12:06 | 四季を感じる家 | Comments(0)

木工事中

c0116631_09542855.jpg
余白です。
リビング(パブリック)と水回りを繋ぐスペース
余白の間といいます。

二階と繋がり
猫柱もある余白。

常にいるLDKはシンプルに
余白はレッドシーダーを全面にはり
木の素材感を強調することで先にある外部が視線の先に
現れる様に考えました。

とりわけ先にある庭の存在が重要になりそうです。

# by studio-aula | 2019-01-24 09:59 | 余白の間 | Comments(0)

キッチン取付

c0116631_16422772.jpg
松本市のマンションリノベーション工事
いよいよ引き渡しも近くなりました。
ラワン合板とコンクリート現し等のラフな仕上げを好まれるお施主さんですが
キッチンはやはり毎日使うもの・・

ここは手触りと風合いに拘り無垢のナラ材で製作しています。
さすがのHUMPさんのキッチンが取り付けられると
ぐっと空間が引き締まり「住まい」としての顔が見えて来ました。


# by studio-aula | 2019-01-16 16:44 | 三番館前リノベーション | Comments(0)

木工事中


c0116631_20173587.jpg
松本市まちなかでマンションのリノベーション中です。
ラワン合板が貼られ
木工事もあと少しで完成というところまで来ました。
1月末の完成、2月初旬引き渡しを目指し進んでいます。

今日の松本市内は「飴いち」
歩行者天国が行われ、お神輿や屋台が出て賑やかな一日でした。

打ち合わせの帰りに中町から繩手通りまで歩き久しぶりに雑貨を見てまわったり
CAFEによったりしていると
かつて建てて頂いたお施主さんにお逢いして
懐かしく子供たちの成長に目を見張り、まちなか暮らしも良いものだなぁ~と
先々に思いを巡らせることが出来ました。

その後、10年前のお施主さんの家に長野市までメンテと増工事のお話にお伺いし
ここでも子供たちの成長にびっくりして帰宅!

今日は胸がいっぱいです。お腹も一杯ですが・・

# by studio-aula | 2019-01-13 20:28 | 三番館前リノベーション | Comments(0)

仕上げ工事


c0116631_09220206.jpg
1月末引き渡しの「四季を感じる家」
キッチンの据付、設備仕上げ、外部土間工事、内装工事が進んでいます。
北側からの外観



c0116631_09214911.jpg


昨日寒さもゆるみ外工事も順調に進んで来ました。
内部は敷地の勾配にあわせ複雑にスキップしています。





# by studio-aula | 2019-01-12 09:25 | 四季を感じる家 | Comments(0)

新月伐採



c0116631_10585788.jpg
明けましておめでとうございます。天候に恵まれ気持ちの良い新年を迎えております。
今日、1月6日は月が視界から見えなくなる日です。古来より日本の木造建築は冬の「新月」の日に伐採すると木が耐久性も良くなり粘り強くなると伝えられ行われて来たとの事を林業で会社を立ち上げられた大町の「やまつみの家」のお施主さんよりお聞きし
「林家(りんか)」のお施主さんの山で朝8時より「新月伐採」を行っています。

塩尻市北小野の雑木林は東に向かい傾斜していますが、周囲の山に囲まれ丁度8時頃に朝陽がのぼり同時にサワラの木も大きな音をたてながら
倒れて行きました。
伐採した木は数えたら樹齢75年の「サワラ」で2件の住まいを見守る中心の木となります。

山を歩くと、小さな頃を思い出します。
静けさの中でも包み込まれるような安心感とわずかな音
鳥の鳴き声や葉音。

そして冬に生命力を蓄えて春への準備を続ける生きた樹木や下草
冬の間も僅かな陽の光を受け
美しく生き続ける「苔」の緑

この自然が示してくれる美しさは私たちに「創る」力を与えてくれます。
今年も「思い」から「場」と「住」をつくりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


c0116631_11213610.jpg









# by studio-aula | 2019-01-06 11:27 | 林家(りんか) | Comments(0)