信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

授与所着工しました!

c0116631_17102055.jpg
蔵を改修し神社の授与所プロジェクト
7/1 おめでたいおついたちに外壁一部から解体着工しています!

竣工は12月予定
新しい時代、地域を考え、訪れる人をむかえ入れ
古いものを新しい場所につないでいく、こうした計画は本当に楽しいです。

しかし
坪単価を単純に考えると想像以上に補強工事に手間がかかり
リノベーションは災害の多い日本の中これからの時代にあって新築以上にお腹を据えて計画
そして
場所を生かし使っていくという覚悟が必要です。

本当に学びの多い1ヵ月でした。


# by studio-aula | 2019-07-01 17:21 | 神社授与所 | Comments(0)

上棟しました!

c0116631_17002275.jpg
梅雨の合間に晴天に恵まれ無事上棟を迎えました。
複雑な屋根
彫刻の様な外壁

楽しい家族と
「とらの間」の家




c0116631_17033166.jpg




c0116631_17014636.jpg
ひもをひっぱると蒸気が発生してお弁当が温かくなるおもしろく美味しいお弁当。
11月の竣工を目指し進みます。
お施主さん本当におめでとうございます!

# by studio-aula | 2019-07-01 17:09 | とらの間の家 | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_16421843.jpg
塩尻市でNPO法人春の小川さんの作業所の地鎮祭を行いました。
地域に溶け込み
無くてはならない場所として進んで行くべく努めます。

# by studio-aula | 2019-07-01 16:44 | 春の小川 作業所 | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09192829.jpg
塩尻町で地鎮祭
「Still Lifes」
学生時代「絵画」を描いていたデザイナーの施主さん

美しき調和を目指して進んで来ました。

最近とても嬉しいことが続きます。

例えば

繋がっていくシーン
山の木を二つの家族で使う。

使われなくなった民家の建具を縁あって
新しい家に使う。

そんなこんなで「家」同士のつながりが増えて来ました。
今春では一番早く7月初め着工です。

# by studio-aula | 2019-06-17 09:44 | Still-Lifes | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09203225.jpg
塩尻市で
地鎮祭を行いました。
実家の山から新月伐採した木も根羽村の加工所で使う部材を確認
桧は家の中心に
サワラは平板に加工し野地板に。
これから
皮むきし乾燥の過程に進みます。


c0116631_09264562.jpg

# by studio-aula | 2019-06-17 09:36 | 林家(りんか) | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09291485.jpg
出会いから5年
紆余曲折を経て漸く地鎮祭を行う事ができほっとしています。

ここまでの道のりは
お施主さんの前向きさで常に良い方向へ進んで来た様に
思います。



# by studio-aula | 2019-06-17 09:34 | やまつみの家 | Comments(0)

竣工まで

c0116631_10392448.jpg
伊那市の「須磨の家」
竣工まで1か月となりました。

お施主さんのご厚意で7月14日(日) 午後~7月15日(海の日)OPENHOUSEを開催させていただきます。
予約制の見学会です。
STUDIOAULAの建物に興味があり建築を予定されている方は遠慮なくお問合せください。
見学希望の方はsa@studio-aula.netまでご連絡をお願いします。

ふと考える事があり
HOUZZという建築系サイトを卒業!しました。

大袈裟なことではないのですが、問い合わせを頂いても遠方の為、
対応が難しいという状況が続いた為です。

私達はローカルアーキテクト。

「きっちりとおわりまで手を抜かず心をかえず」さより

小さな発信をぼつぼつしていきますのでご理解いただけますと幸いです。



# by studio-aula | 2019-06-04 10:55 | 須磨の家 | Comments(0)

余白

c0116631_08293827.jpg
画一的な土地
画一的な間取り
という機能的な暮らしを望む時代から
余白余地を持つ場所でゆとりを探すときに移って来た実感があります。

時代に添う事は相変わらず仕事に集中しながらという状況で
建築の勉強会や会で知る事よりもお施主さんの思いや拘りから
実感し学び具現化しています。






# by studio-aula | 2019-05-24 08:37 | 余白の間 | Comments(0)

竣工引き渡し

c0116631_15430378.jpg
解体から約1年
初めてお会いしてから3年
長い時間を共有し少しずつ進んで来た「余白の間」
小さな集落の中にいるような実家や離れ、浴室、近隣に住む叔父の家など

濃密な関係性としっかりと向き合い
それでもどこかに自分達の暮らしを確立していけるような余白のある家を創りました。

開く場所と閉じる窓
高さと素材の変化も楽しむ
良い家が完成し引き渡しの日を迎えました。

本当に長い時間お付き合いいただきありがとうございました!
3年の間にお互いの価値観も時代もすこしずつ
変化も生まれ何かに追われるよりもじっくりと向き合い実現していく事の大切さを改めて感じました。




# by studio-aula | 2019-05-20 15:50 | 余白の間 | Comments(0)

着工しました。

c0116631_12081669.jpg
ブログもご無沙汰しております。
松本市の欅紅葉の家 着工しました!
ご両親のお隣に偶然空いた土地を求められました。
猫好きのご家族の家です。




シロちゃんも遠くより眺めて参加してくれました。
c0116631_12125441.jpg

# by studio-aula | 2019-05-13 12:13 | 欅紅葉の家 | Comments(0)

着工中です。

c0116631_12472776.jpg
3月に地鎮祭を行い
塩尻市の長野県産材の助成金の申請の段取りも順調に進み
現在基礎工事中です。
こちらもご実家のお隣に偶然土地を買い求めました。

彫刻のような壁の建つ
大工さん泣かせの(屋根勾配)住宅となるので上棟前に
大工さんが原寸模型製作にかかります。

こちらは竣工時完成見学会を行う予定です。



# by studio-aula | 2019-05-12 12:44 | とらの間の家 | Comments(0)
2019年5月8日よりネット環境整備に伴い電話番号が変わりました!
新 電話番号は

0263-74-0268です。(FAXは同じになりました)
c0116631_12021072.jpg

お手数をお掛けしますがよろしくお願いいたします。


# by studio-aula | 2019-05-08 12:02 | いろいろ | Comments(0)

新しい計画

c0116631_23133885.jpg
さわやかな晴天に恵まれ八ヶ岳まで見通しが効いた今日
素晴らしく景色の良い場所を好み
自然を受け止める
感受性をもつ人との計画は楽しい。
楽しみな計画が続きます!





# by studio-aula | 2019-04-04 23:19 | Comments(0)

信州の建築家とつくる家

JIA長野県クラブ編『信州の建築家とつくる家 第14集』が、2019年3月末に発刊されました。

Studio aulaからは「備えるコートハウス」が掲載されています。

長野県内の書店、amazon等でも購入可能です。
是非、手に取ってご覧いただければ幸いです。

『信州の建築家とつくる家 第14集』
  ・特集 素材から空間へ 
  ・建築家30人の家づくり
  ・発行/新建新聞社
  ・定価/1500円+税

c0116631_09212483.jpg


# by studio-aula | 2019-04-04 09:22 | いろいろ | Comments(0)

長野県建築文化賞

私達が設計監理しました建築が平成30年第14回長野県建築文化賞を受賞しました。

(審査員長)岸 和郎氏(建築家 京都造形芸術大学大学院教授)
審査員) 関 邦則氏(長野県建築士会名誉会長 (有)関建築とまち研究室)
(審査員) 場々 洋介氏(長野県建築士会会長 ㈱フジ設計

写真:新澤 一平

一般部門優秀賞「マザーバインズ長野醸造所」
設計監理 吉田 満 吉田 京子 香川 翔勲
施工 松本木材株式会社
c0116631_08403523.jpg

住宅部門奨励賞「備えるコートハウス」
設計監理 吉田 満 吉田 京子
施工 (有)建築工房 時遊館
作庭:三楽

c0116631_08411839.jpg
関わってくださった皆様と施工してくださった工務店、そして私達の設計姿勢とフィロソフィーに理解を示しこのような依頼をくだった建主さんに深く感謝申し上げます。またこれからも土地と自然との距離を測りながら祈るような気持ちで建築を創っていきたいと思います。



# by studio-aula | 2019-04-03 08:44 | いろいろ | Comments(0)