信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

さまざまな森

c0116631_08514141.jpg
写真:IPPEISHINZAWA
少し前まで森の中で暮らしたいと思っていました。
実現する人も多く
日々静かに自然と向き合う暮らしにも憧れます。

しかし樹木の手入れや草むしりが必須の暮らしが自分たちに出来るだろうか?
現実を考えるとハードルが高いことに気がつきます。


昨日の夜は
アングラな素敵な場所でお施主さんのバンドユニットのライブに行き
その前の日は
子供の遊べるこれまた自由奔放なCAFEで子供たちの声に囲まれ住宅の打ち合わせ。

見た事のない景色を
またお施主さんとの出会いから見せてもらう。
人が生き生きと自分らしく輝いている場所に触れ合うと
これもまた「森」の中にいるよう・・

私達の生きる「森」は
こんな風に混沌と時に賑やかで時に音楽と趣味に生きる大らかな人のいる「場所」なのかも?と
最近感じています。

ふと周りを見渡すと
個性のあるしっかりとした生き方を持つ
人たちと関わることが出来ていること。
それが一番大切で幸せなことです。

# by studio-aula | 2019-08-21 09:01 | Comments(0)

計画

c0116631_11030409.jpg


庭と暮らす家

c0116631_11025629.jpg
草屋根の家


時代が変わり、自然が変わり
おのずと敷地との向き合い方も変わり
住まい方ももちろん多様化しています。

分譲地が当たり前の様に四角の区割りで整備され
大多数の住まい手にとっては
当たり前の様に利便性の良い場所となりますが・・

一方では
自然の形を受け入れ自然と共に
暮らすという選択肢も欲しいものです。

その為には整備されていない現状を寛容に考えられるかということになります。

変形地で
宅地延長が長い敷地を楽しいと考えるか
不自由と考えるか人それぞれですが
またそれも「自然」の要求で人が作ってきた場所と考えれば
良い場所となるのではないでしょうか?


# by studio-aula | 2019-08-19 11:09 | 敷地とむきあう | Comments(0)

最近

c0116631_12245446.jpg






c0116631_12252037.jpg





c0116631_12261302.jpg

暑すぎる夏
職人さんも体調を崩しがちです。

そんな中、着工と上棟と竣工を迎えた現場もあり忙しく仕事をさせてもらっています。




# by studio-aula | 2019-08-11 13:08 | 余白の間 | Comments(0)

竣工近くなりました。

c0116631_08465382.jpg
今年は問い合わせを多く頂きますが
土地がなかなか見つからず長期的なおつきあいが続いています。

条件の良い敷地は分譲地、建築条件付き、建売の家になり
そうはいっても個性を生かしゆとりをもっての暮らしは
難しい状況にあると実感します。

その中でも
マメにマメに探しているうちにきっと巡り合うことを信じて
進んで行くしかないですね。

長野市の住宅がまもなく竣工を迎えます。
建築条件付きの土地でしたが
施工会社がきちんとしていたため設計監理をSTUDIOAULAで施工は分譲した会社にお願いしました。

稀にそんな事もあります。
諦めない気持ちが大切なのかもしれません。。


# by studio-aula | 2019-07-27 08:54 | 光画の家 | Comments(0)

上棟しました。

c0116631_18020603.jpg
松本市で天候に恵まれて
無事上棟しました!

スキップフロアから
眺めるダイニングの様子が想像できます!

お施主さんには
ご多忙中にも関わらずお気遣い頂きましてありがとうございました。
竣工が楽しみです!

c0116631_18024669.jpg
# by studio-aula | 2019-07-12 18:05 | 欅紅葉の家 | Comments(0)

授与所着工しました!

c0116631_17102055.jpg
蔵を改修し神社の授与所プロジェクト
7/1 おめでたいおついたちに外壁一部から解体着工しています!

竣工は12月予定
新しい時代、地域を考え、訪れる人をむかえ入れ
古いものを新しい場所につないでいく、こうした計画は本当に楽しいです。

しかし
坪単価を単純に考えると想像以上に補強工事に手間がかかり
リノベーションは災害の多い日本の中これからの時代にあって新築以上にお腹を据えて計画
そして
場所を生かし使っていくという覚悟が必要です。

本当に学びの多い1ヵ月でした。


# by studio-aula | 2019-07-01 17:21 | 神社授与所 | Comments(0)

上棟しました!

c0116631_17002275.jpg
梅雨の合間に晴天に恵まれ無事上棟を迎えました。
複雑な屋根
彫刻の様な外壁

楽しい家族と
「とらの間」の家




c0116631_17033166.jpg




c0116631_17014636.jpg
ひもをひっぱると蒸気が発生してお弁当が温かくなるおもしろく美味しいお弁当。
11月の竣工を目指し進みます。
お施主さん本当におめでとうございます!

# by studio-aula | 2019-07-01 17:09 | とらの間の家 | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_16421843.jpg
塩尻市でNPO法人春の小川さんの作業所の地鎮祭を行いました。
地域に溶け込み
無くてはならない場所として進んで行くべく努めます。

# by studio-aula | 2019-07-01 16:44 | 春の小川 作業所 | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09192829.jpg
塩尻町で地鎮祭
「Still Lifes」
学生時代「絵画」を描いていたデザイナーの施主さん

美しき調和を目指して進んで来ました。

最近とても嬉しいことが続きます。

例えば

繋がっていくシーン
山の木を二つの家族で使う。

使われなくなった民家の建具を縁あって
新しい家に使う。

そんなこんなで「家」同士のつながりが増えて来ました。
今春では一番早く7月初め着工です。

# by studio-aula | 2019-06-17 09:44 | Still-Lifes | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09203225.jpg
塩尻市で
地鎮祭を行いました。
実家の山から新月伐採した木も根羽村の加工所で使う部材を確認
桧は家の中心に
サワラは平板に加工し野地板に。
これから
皮むきし乾燥の過程に進みます。


c0116631_09264562.jpg

# by studio-aula | 2019-06-17 09:36 | 林家(りんか) | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_09291485.jpg
出会いから5年
紆余曲折を経て漸く地鎮祭を行う事ができほっとしています。

ここまでの道のりは
お施主さんの前向きさで常に良い方向へ進んで来た様に
思います。



# by studio-aula | 2019-06-17 09:34 | やまつみの家 | Comments(0)

竣工まで

c0116631_10392448.jpg
伊那市の「須磨の家」
竣工まで1か月となりました。

お施主さんのご厚意で7月14日(日) 午後~7月15日(海の日)OPENHOUSEを開催させていただきます。
予約制の見学会です。
STUDIOAULAの建物に興味があり建築を予定されている方は遠慮なくお問合せください。
見学希望の方はsa@studio-aula.netまでご連絡をお願いします。

ふと考える事があり
HOUZZという建築系サイトを卒業!しました。

大袈裟なことではないのですが、問い合わせを頂いても遠方の為、
対応が難しいという状況が続いた為です。

私達はローカルアーキテクト。

「きっちりとおわりまで手を抜かず心をかえず」さより

小さな発信をぼつぼつしていきますのでご理解いただけますと幸いです。



# by studio-aula | 2019-06-04 10:55 | 須磨の家 | Comments(0)

余白

c0116631_08293827.jpg
画一的な土地
画一的な間取り
という機能的な暮らしを望む時代から
余白余地を持つ場所でゆとりを探すときに移って来た実感があります。

時代に添う事は相変わらず仕事に集中しながらという状況で
建築の勉強会や会で知る事よりもお施主さんの思いや拘りから
実感し学び具現化しています。






# by studio-aula | 2019-05-24 08:37 | 余白の間 | Comments(0)

竣工引き渡し

c0116631_15430378.jpg
解体から約1年
初めてお会いしてから3年
長い時間を共有し少しずつ進んで来た「余白の間」
小さな集落の中にいるような実家や離れ、浴室、近隣に住む叔父の家など

濃密な関係性としっかりと向き合い
それでもどこかに自分達の暮らしを確立していけるような余白のある家を創りました。

開く場所と閉じる窓
高さと素材の変化も楽しむ
良い家が完成し引き渡しの日を迎えました。

本当に長い時間お付き合いいただきありがとうございました!
3年の間にお互いの価値観も時代もすこしずつ
変化も生まれ何かに追われるよりもじっくりと向き合い実現していく事の大切さを改めて感じました。




# by studio-aula | 2019-05-20 15:50 | 余白の間 | Comments(0)

着工しました。

c0116631_12081669.jpg
ブログもご無沙汰しております。
松本市の欅紅葉の家 着工しました!
ご両親のお隣に偶然空いた土地を求められました。
猫好きのご家族の家です。




シロちゃんも遠くより眺めて参加してくれました。
c0116631_12125441.jpg

# by studio-aula | 2019-05-13 12:13 | 欅紅葉の家 | Comments(0)