信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:フィンランド建築旅行( 5 )

アアルトのアトリエ



大学からはヘルシンキオリンピックに使われた木構造の体育館を見て
タクシーで移動

広い敷地を持つ豊かな住宅街で途中から歩いてアアルトのアトリエへ
ヘルシンキムンッキニエミ 手狭になった自宅近くに1954年~1955年にかけ建築された。
岩盤がむき出しになった急斜面に
そのままの地盤を生かし内部も高低差により変化している。

帆を張った様な形
通りに対して閉鎖し内部に向かって開く
ここでも円形劇場の様な形態の中庭がある。

c0116631_09312150.jpg


c0116631_09254078.jpg


c0116631_09252236.jpg

生きているかのようなアトリエ
c0116631_09283721.jpg



c0116631_09281857.jpg

今も魂が宿る
アトリエ

アアルト存命中の1964年頃には増築その後食堂が一階に改装もされた。
また2002年から2004年まで修復が
今も外部の一部に足場がかかりメンテナンス工事が行われていました。
現在も財団のOFFICEとして使われています。

建築当初の材料や構造を破壊することなく施され
家具様々な配置にもアアルトの意図を感じられるような空間の中で
アアルトの意図や才能、考え方をそして偉大さを直接感じとることができ
本当に震えてしまいました。

美術館とも記念館とも違い
建築当時のアアルトの意図通り維持され使われている
まだ現役で生きているかのようです。



by studio-aula | 2019-09-13 09:57 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)

アアルト大学講堂

アアルト夫妻が新婚旅行で訪ねたイタリア旅行で影響を受けたとされる
円形劇場コロッセオ

アアルト大学講堂は劇場の様なかたち

外観から内部は想像が難しい
c0116631_08433339.jpg




c0116631_08454997.jpg

大学の全体模型


c0116631_08471261.jpg

素材の多様性


c0116631_08423881.jpg



階段を一歩踏み出す毎に
形態の変化
景色の変化
素材の使い方が全てに
きょろきょろ凝視してしまいなかなか進まない
c0116631_08410397.jpg

同じ場所に降りる3カ所の階段も
雁行させ
面白い。

混雑も避けられ機能的でもあるようです。
c0116631_08383007.jpg





c0116631_08344434.jpg
ステージから放射状に構造リブが広がっている。
光がまんべんなく入り
カーテンも照明もフレームに隠されていた。
小柄なAALTOによるためか家具は総じて低く私にはちょうど良かった。
全ての場所から公平に中央のステージが眺められつけられた角度に寄って
視線がその先へと集中できるように感じられる。

大空間が照明を付けることなく適度な光に満たされ祈りを捧げる教会の中にいるような
神聖さを感じた。
AALTOの心血を注いだデティールが違う次元へと空間を変えた。

by studio-aula | 2019-09-12 09:07 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)

アアルト大学

到着して二日目はヘルシンキのアアルト建築ツアーを申し込んでいました。
といっても二人だけそしてmysuomiさんから日本人のガイドさんが付いてくれました。
これが大正解で
自分達だけでは入る事を躊躇してしまうアアルト大学の教室内部を見ることが出来たり、アアルトのアトリエと自邸では
大勢の見学者の様に時間を刻まれる事もなく別行動
私達だけで逆コースを回り空間を体感し
アトリエの食堂でゆっくり椅子に座ってブランチを食べることが出来ました!

ホテルからヘルシンキ中央駅まで徒歩

c0116631_09042589.jpg





c0116631_09055416.jpg
































通称アアルト駅を出ると直ぐにアアルト大学(旧ヘルシンキ工科大学)が見えてきます。

c0116631_09062629.jpg
夏休みが終わり新しいセメスターの準備をしている学生がちらほらいました。



c0116631_09072291.jpg


































圧倒された図書館
エントランスから柱の装飾
天井の高低差や照明
空間を広く人の動線を考えた書架の配置
アアルトらしい曲線カウンター
c0116631_09080988.jpg




















何といっても光の取り入れ方に感動しました。
ハイサイドライトからの自然光は
人が読書をする作業をする図書を探すといった機能に合わせ
視界を遮らず手元に届くように反射光も含め考えられていて居心地が良すぎる場所です。

またふと疲れたら見上がれば少し高い位置に緑を取り込むピクチャーウィンドウが
配置されて鮮やかさに満たされる。  


c0116631_09320642.jpg




















c0116631_09082831.jpg
by studio-aula | 2019-09-10 09:27 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)

白夜

c0116631_14212499.jpg


朝の3時30分に自宅まで迎えに来てもらい乗り合いタクシーで
ご近所の方を拾って4名で成田空港へ
8時には到着しゆっくりとラウンジで過ごし焼き魚定食を食べ飛行機へ搭乗。

直行便FINエアーは約9時間でヘルシンキ空港へ到着しました。
空港からホテルまでは車で30分、見る物すべてが新鮮で信号が少ない!                                            大通りや国道も緑に覆われゆったりとした街路に驚く!
しかし本当に近いヨーロッパでした。

20年ほど前、最後にフィレンツェへ行った時には住んでいた金沢から前の日まで仕事それから24時間かかって辿り着き、疲れ果て
3日間眠りっぱなし・・当時の友人に呆れられたものです。
あの時は人生最大の覚悟をしてイタリアへ戻ったのでした。

久しぶりの海外です!日本時間だと24時を過ぎているのに関わらず心も足取りも軽く
到着後すぐにウキウキと夜の街歩きをはじめました。
c0116631_14480866.jpg
ロシアによる統治時代があり
ペストの流行や火災,戦いなどヨーロッパは階層社会貧富の差が
激しく生きるだけで必死だった時代
ヘルシンキの建築は比較的新しく市街地が形成されたのは1800年代初めの様です。

私の実家で一番古い戒名先祖が宝暦3年12月(1753年)だったのでその頃・・
(一般の日本人は土の間にムシロの生活だったと思います)
それでもヘルシンキは100万人以上が住むまち


c0116631_14464022.jpg
光を求める開口とガラス張りのテラス空間を持つ集合住宅が多くみられた。

イタリアのルネッサンス期歴史ある重く影のある街並みと比べ
圧倒され圧迫されプレッシャーに潰されそうな場所とは異なっている(自分の思い込み・・)

コンクリート(プレキャスト)集合住宅の工事中の現場があったり混構造の(木造と石造)が多く様式に捉われることなく街が自由に形成され
しかし見苦しいものが何もない・・住民と行政の美意識の高さが感じられます。

岩盤がそのまま表わしで土台として使われた公園や建築も多くみられ地震とは無縁の国の自由さを楽しみました。

海も近く海軍の要塞「スオルミンア」もフェリーで20分ほどで行く事が出来ます。
日本より気温は10℃ほど低いと聞いていたので長袖を着て行きました。
しかし以外と暑く汗ばむほどの陽気・・・町を歩くのにはもってこいです!


c0116631_14215193.jpg
木造フレームを使ってEXHIBITIONが開催されている。
デザイン美術館前の広場
c0116631_14210718.jpg
船着き場
水が近く災害は大丈夫なのか?と聞いて見たところやはりヘルシンキ中央駅は2日前に水没し漸く復旧したところだそうです。


by studio-aula | 2019-09-09 14:43 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)

フィンランド研修


1週間の休みを頂きフィンランドへ行って来ました。
二人共、20年ぶりのヨーロッパで本当に一念発起で施主の皆様、現場の皆様にご理解を頂きありがとうございました。
走り続けて来たこの20年、特に事務所を塩尻へ移してからは忙しく
実家の長崎へも2泊が限度、国内旅行も(猫もいるので・・)2泊までと勝手に思い込んでいた気がします。

本で読んだ知識が増えて行くにつれ
時代がインスタグラム、写真が拡散し実と虚の境界が曖昧な今の時代にあって
現地に行き実物に触れ感じ得た気持ちほど大切なものはありません。

自分たちのそうした危機意識が
急な思いを駆り立て実現するに至りました。

また親を見送り(私の母はありがたいことに健在)
今年大切な叔父叔母を見送った際に「自分の時間を大切にするように」
言葉をもらった事がきっかけです。

フィンランドでヘルシンキを中心に工業が盛んで市街地や交通網トラムを創り変えている渦中のPORI(ポリ)
ウーシマ―、湖に囲まれたユバスキュラと電車やバスを乗り継いで移動して来ました。
また旅行記はきちんと書き残して行きたいと思います。
c0116631_11443105.jpg

c0116631_11455554.jpg
アアルト大学図書館


by studio-aula | 2019-09-03 11:46 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)