信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:凪の家( 11 )

施主塗装

c0116631_08011218.jpg

凪の家のお施主さんは
土地探しから事務所に来られました。
若いご家族ですから予算も限られている中でしたが
塩尻の集落の中の土地と巡り合いました。

周りの環境に恵まれた場所でありながら
市街地に近くお隣の家の庭が借景で良い景観を創り出しています。

住宅の計画でも
外壁DIY、壁塗りなどなど工務店さんにも協力頂きながら
予算調整をしながら進み
土地と建物最初の予算内で新築住宅を建てられました。

予算をおさえられたのは、お施主さんの柔軟さとリサーチ力、ものの良さを見抜く力
何より固定概念を持たず進んで行く「施主力」の賜物でした。

素材や設備、動線など拘りがあると予算調整は難しいのですが、割り切り方が素晴らしく
こちらも勉強させてもらいました。

そして、私たちの事務所「SA-STEPS」を建てた12年前を想いだし原点にある
素朴さ、ひとつをふたつに変えることの出来る柔軟性が人には備わっているのかも?と
振り返っています。

これからの時代
再び、コストをかけず無理をせず暮らす建て方も
考えて行きたいと思っています。

by studio-aula | 2018-03-13 08:13 | 凪の家 | Comments(0)

引き渡し

c0116631_09371031.jpg


塩尻市で久しぶりの素朴で素材感のある住宅が竣工しました。
研ぎ澄まされた空間は回遊性があり
お施主さんの柔軟性に助けられ成り立ちます。

本当におめでとうございます!
これからも家と共に成長していってくださいね。
c0116631_09374939.jpg

by studio-aula | 2018-03-12 09:40 | 凪の家 | Comments(0)

ステンレスキッチン取付

c0116631_19242936.jpg
株式会社矢島さんのステンレスキッチン Fundation取付
2月竣工予定です。

オールステンレスでありながらコスパの良いキッチン

今日は空き事務所を醸造施設へ
用途変更予定の案件を見学

鉄骨造で平成7年築の立派な建物で
床面積もボリュームがある中で機能性を重視した醸造施設へ
そして醸造家の若い二人が創業するというお話。

クリアするハードルが何段かありましたが一歩ずつ。


by studio-aula | 2018-01-29 19:27 | 凪の家 | Comments(0)

外壁貼

c0116631_09514333.jpg
塩尻市で集落の中、凪の家が木工事中です。
お施主さん塗装の外壁が貼られています。お正月には二度目の塗装が待っていますが逞しくなった
お施主さん
寒さに負けず頑張ってください!

木工事はゆっくりですが順調に進んでいます。

by studio-aula | 2017-12-13 09:53 | 凪の家 | Comments(0)

幸せな一日でした。





c0116631_19202065.jpg



塩尻市「凪の家」で上棟式を行いました。
良い人たちに囲まれて
良い風景に囲まれて
良い人に家を建ててもらって
良いご家族に恵まれて
本当に幸せな一日をありがとうございました!

二階から見える景色は別世界
塩尻って良い場所だなと再認識できました。
いろいろとお気遣いいただきましてありがとうございます。
これ以上の幸せはありません。
本当におめでとうございます!
c0116631_19200206.jpg
by studio-aula | 2017-09-30 19:25 | 凪の家 | Comments(0)

上棟しました。

c0116631_06435000.jpg
塩尻市で上棟しました。
古い集落の中、屋根に上ると周囲はやはり山に囲まれている。
守られている安心感
塩尻はやはり盆地なのだと実感します。


by studio-aula | 2017-09-22 06:45 | 凪の家 | Comments(0)

木材検査

c0116631_09465002.jpg

木材検査に行きました。
柱は国産材の杉、横架材は米松(輸入材)ですが
見える梁はなるべく良い場所を見えるように見せ方を
考えていきます。

by studio-aula | 2017-09-06 09:49 | 凪の家 | Comments(0)
c0116631_09191730.jpg

小笠原建築さんの倉庫で
塩尻の凪の家 上棟前に屋根の垂木塗装を行いました。

緑が濃くお天気も爽快、素晴らしい風景に囲まれて倉庫の外では凪ちゃんとおくさまが応援。


c0116631_09185092.jpg
打ち合わせで先に帰宅
その後
お施主からの写メ↓が届きました。

上棟が楽しみです!

c0116631_09244557.jpg

by studio-aula | 2017-08-28 09:22 | 凪の家 | Comments(0)

基礎工事中

c0116631_08034444.jpg
塩尻市中西条で基礎工事中

新築には借り入れ、返済の適年齢があります。



大規模リノベーションにも体力的な適齢期があり
年齢を重ねた場合、住み替えか介護のための手摺、模様替え程度をお勧めしたいと思います。

「断捨離」
荷物整理の良い機会だと思いますが
割り切りや捨てることが出来なくなってしまうこと
荷物を移動するだけでも大変なこと
まして現場では想定外の出来事が当たり前の様にいろいろとおこります。

「次々とおこる想定外のことに耐えられる」

「工期延長に寛容」

「DIYを楽しむこと」











by studio-aula | 2017-08-23 08:18 | 凪の家 | Comments(0)

配筋検査

c0116631_07351541.jpg
塩尻市の集落に土地を購入し建築中の小さな家

凪の家 ベースの配筋検査も問題なく完了しました。

人口減の社会の中で
まず問題になるのがインフラのこと
市町村単位で上下水道や水路の維持・管理は当たり前の時代がやがて数十年後には市町村に寄っては維持・継続が出来なくなるだろうと予想されています。
国からの補助金をあてに出来るのも今だけの話
そのあとは施主力と経済力と逞しさが必要になってきます。

そんな中で、小さな土地と家で暮らす事を選択し
主要な道に位置したこの土地を購入されたお施主さん
子供達にも無理な負担にならず、将来も安心です。

先日、ある村に行って来ました。
10年後のインフラはどうか?
気象条件も変化している今の時代に残すにはあまりにもリスクが高く
不可解な増改築を繰り返された建物を維持していけるだけの力が子供たちにあるのか?
そして子供が老人になるころ80年後の先までどんな維持管理費が必要になるのか?
真剣に試算していくべき建物でした。

平地ならまだしも谷の内側で水みちも出来、数十年放置したまま経過し膨らんできた前の土手などの地形の変化、
更に交通状況の変化で切り取られた敷地や屋根、維持が立ち行かない田畑の現状そして農村構造の変化。
これからもっともっと強大なありとあらゆる変化が起ころうという時代にあまりにもリスクが高い。

「先」を見据え、施主力を見据え計画を再考すべきだろうと思います。

by studio-aula | 2017-08-07 07:47 | 凪の家 | Comments(0)