信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:いろいろ( 90 )

ワイナリーハウス

c0116631_09444103.jpg
私たちは農村で生まれ育ちました。
人の情と厳しさのある中で、美しい風景を当たり前の様に受け取り
幼少から仕事をする厳しさも味わいながら
野を駆け、川に遊び冒険し
それが今の糧になっています。



by studio-aula | 2018-05-24 09:48 | いろいろ | Comments(0)

起業家と





c0116631_09081642.jpg

今月発売のKURAに「時を想う家」掲載されております。

先日、塩尻市に新しく建築されたコーワーキングスペース+シェアオフィスのプレオープンに参加させていただきました。
建築は楽しみながら設計を進めたこと、自由な発想で表現された事が伝わる建築家の良い顔と共に
楽しませて頂きました。

STUDIOAULAの最近は、起業家や経営者である施主さんが増えて来たように思います。

仮に施主さんがコワーキングスペースに行くとしてどんな「場」の使い方をするのだろうか?
何かを貫く事、協調性、独自性、広い視野をもつことや人を惹きつける魅力に溢れた皆さん一人一人の事を思い出しつつ
どの様に「ひと」と「場」と関わっていくのだろうかと思いを巡らせてみました。

仕事に専門性があればあるほど、守秘義務も生じ、時代の流れの速さに翻弄されていく中で
コワーキングスペースで仕事をする難しさも、ちょっとした雑談や息抜きや視点の変化を欲する事も多々あり、mimosaの様な小さな場所でも出会いで人が繋がり解決策に直結する場面は何度も見て来ました。

その場に揃った時代の最先端を行くIT機器に「さ、さあ!アイデアを出して!」と促されているような感覚に
自分の「NOIDEA」に恥ずかしさを感じ、身の置き場が見つからなかったものの、ともあれ塩尻を訪れる役所関係の都会の方々にとっては使いやすそうで良かったです。

一方、HANALABさんやCREEKSさんに、居心地の良さがあるのは苦しみながら混沌とした狭間で民間で運営され、重ねて来た思いやその場所の中に、その街のひとの顔があるからなんでしょう。

「スナバ」にも地元の人が溶け込めれば良い場所になっていきそうです。





by studio-aula | 2018-05-23 09:21 | いろいろ | Comments(0)

森へ

c0116631_08381023.jpg

風景へ向かう開口

今月から感じる事があり週休二日を目指しゆっくりとした週末を過ごしていました。
雨ではありましたが原村・茅野方面で
森の中を散歩すると
生きている森、屍へ向かう森の様子が解ります。ゆとりのある頃に学んだLANDSCAPE。
自分の気持ちが森へと向かっていて、
間伐を行われない森がどんどん光を求める赤松や杉が細く高く成長し、やがて光を失った森が
新しい命を育む事が出来なくなっていく実態を目にしました。
それは災害や崩落へとつながる危険もはらんでいます。

昨日訪れた数カ所の別荘地でも場所により開発されて以来手を入れられた場所、放置されてきた場所の違いで住む場所としての安全性や価値が変化していました。

仕事に追われ忘れていた森との対話は、これからも長く仕事を続けていくために、今一番自分たちに必要な事だと実感しています。



















by studio-aula | 2018-05-14 08:22 | いろいろ | Comments(0)

雲海のなかで

あっという間に一週間が経過しています。
新しい問い合わせや着工に向けた設計の詰めなどあわただしい中で先日は美ヶ原「王が頭ホテル」に
行って来ました。
雲海と濃霧から顔を出した山々の美しさ木々の快活な色に
ただただ景色に感嘆し魂を清める様な場所でした。
c0116631_10591266.jpg


by studio-aula | 2018-03-24 11:00 | いろいろ | Comments(0)

温度差が激しい

c0116631_09305203.jpg
長野市で新しい土地を見せて頂きました!
春になり
また新しい計画も進んで来ました。

高山村のワイナリーも正念場です。
ワインを醸造する場所というだけでなく人を育て技術を育て
地域を育て海外とつなげていく場所にという思想から生まれていく場所です。

醸造するにも色々とあると思います。
購入する側からすれば安心感があり
この場所と人から生まれたワインには大きな意味を持つことでしょう!


これから新しいワインを選ぶ時はラベリングだけでなく、
まずは「人と場所を見て購入するべきだ!」と業界の内部を少しだけ垣間見ています。

高山村のこの場所と繊細な醸造家から生まれるワイン
期待できそうです!


by studio-aula | 2018-03-10 09:42 | いろいろ | Comments(0)

リノベ―ション

c0116631_11181093.jpg
塩尻の居酒屋さん「年輪堂」リノベーション後↑です。


リノベーション前↓
以前の居酒屋はそれはそれで家庭的で良い部分もありましたが店舗も20年を経過し
設備、厨房がかなり使い勝手も限られ
フードからの油染みなどで内装も機能も劣化していました。

昨年の夏、機能を刷新、イメージも大きく変え客層も若い人が増えたとのことで
嬉しい限りです。
c0116631_11163512.jpg

by studio-aula | 2018-01-24 12:04 | いろいろ | Comments(0)

c0116631_14144096.jpg

今年は12月30日~1月6日まで年末年始のお休みを頂きますが

お問合せはいつでも受付しています。

sa@studio-aula.net へ連絡をお願い致します。

今年は住宅に加え二世帯や併用住宅、そしてパブリックスペースのある空間を設計させていただきました。

多くの人に空間が愛され、クライアントと共に成長を続ける場所を目にする時

建築の役割を改めて実感することが出来たように思います。

来年も良い年でありますよう皆さまにお世話になったことに感謝の気持ちを込めて

ありがとうございました。

株式会社 スタジオアウラ 吉田 満 保科 京子


by studio-aula | 2017-12-30 14:13 | いろいろ | Comments(0)

上棟しました。

c0116631_12491822.jpg
ワイナリー棟上げしました。
小布施のお隣の高山村です。

農道添い畑の中に建築中、施工は松本木材さんです。
体感温度が長野駅前と10度は違うという話もある位に日が当たる内は良いのですが
陽が入ると一気に寒さが増す場所で
昨日もトラスを積んだトラックが雪で進まず松本さんの機転で何とか切り抜けることが出来ました。

小さな地域の工務店さんですが
まだ若く地域を盛り上げようと「名もなき空き家も」運営されています。
静かですが心は強く暖かい高山村の青年という雰囲気
一緒に頑張ってきて今日の日を迎えることが出来て本当に良かったです。

しかしこれからが正念場
もう一度気を引き締めて進んでいきましょう!

by studio-aula | 2017-12-22 12:55 | いろいろ | Comments(0)

配筋検査

c0116631_10242828.jpg
高山村です。
積雪があったそうですが、周囲の山の紅葉が残り晩秋の気配です。

帰宅中、選果場でリンゴを購入
台風で落下したフジが8個入りで300円!
更におまけ5個も頂きました。

塩尻も以前はこうした「おまけ」や選外の農産物が身近にありましたが
産直市場に行っても良い品物ばかりが並び、異色な作物はあまり見かけなくなりました。

良き田舎のいただき物文化に出会うとほっとします。



by studio-aula | 2017-11-24 10:29 | いろいろ | Comments(0)

長野からの帰り道

c0116631_21590256.jpg
写真は木曜日
長野からの帰り道の空がとても綺麗でした。

3連休が終わりました。
本当に久しぶりにゆっくりとして
九州から実家の兄家族が長野市の甥の所を訪問する傍ら声をかけてくれて一緒にふじもりそばでお昼を食べてきました。

信州人は「そば」と言えば当然ながら盛り蕎麦かかけそば、いわゆる冷たいお蕎麦を思い出します。
そこでしっかり10割蕎麦の歯ごたえを味わいますが
九州人は「そば」は暖かいものと連想する様です。

今は亡き九州の父母が初めて信州に来てくれた10数年前もやはりとっておきのお蕎麦屋さんへお連れしたものの
食べられたのは暖かいキノコそばで少し拍子抜けしてしまった事を思いだしてました。
あの時は父も母もまだまだ元気でしたが、あっという間に年齢を重ね
居なくなってしまい、本当に寂しいとしか言えません。

10年はあっという間
大切に自由に生きて行きたいと感じた3連休でした!

話題の72時間ホンネテレビを見て、自由や縛られない事の大切さ
そして日本の息苦しさや視聴率に縛られヒーローのいる決められ過ぎたドラマやTV番組からは
感じられない人柄や笑顔をインターネットTVを通して見ることが出来ました。
ドタバタで、声も枯れ笑顔も何もかもがそのままの姿で見られた事がこんなに新鮮だったなんて・・
テレビにしても文化にしても日常で接する当たり前のことが
いつの間にか何かが変わっていたのだと気がつきました。
SMAPのファンではなかったのですが、興味本位で見てからとても3人が好きになりました。

生き生きと枠に縛られず前を向いて進む
そんな人生でありたいものです。

by studio-aula | 2017-11-06 21:57 | いろいろ | Comments(0)