信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:プロセス( 57 )

きっかけ

きっかけ_c0116631_08324323.jpg


STUDIOをこの場に移転して13年目 
建てた年にKURAに掲載された。

以来「信州の建築家とつくる家」も継続的に見てくれて
「家を建てる時はお願いしようと思っていた」

そんな話を聞かせてもらった。
長い年月が経過しても気持ちがぶれなかったという施主さんに逢えて
感謝の気持ちで一杯です。




by studio-aula | 2020-03-18 08:46 | プロセス | Comments(0)

さまざまな森

さまざまな森_c0116631_08514141.jpg
写真:IPPEISHINZAWA
少し前まで森の中で暮らしたいと思っていました。
実現する人も多く
日々静かに自然と向き合う暮らしにも憧れます。

しかし樹木の手入れや草むしりが必須の暮らしが自分たちに出来るだろうか?
現実を考えるとハードルが高いことに気がつきます。


昨日の夜は
アングラな素敵な場所でお施主さんのバンドユニットのライブに行き
その前の日は
子供の遊べるこれまた自由奔放なCAFEで子供たちの声に囲まれ住宅の打ち合わせ。

見た事のない景色を
またお施主さんとの出会いから見せてもらう。
人が生き生きと自分らしく輝いている場所に触れ合うと
これもまた「森」の中にいるよう・・

私達の生きる「森」は
こんな風に混沌と時に賑やかで時に音楽と趣味に生きる大らかな人のいる「場所」なのかも?と
最近感じています。

ふと周りを見渡すと
個性のあるしっかりとした生き方を持つ
人たちと関わることが出来ていること。
それが一番大切で幸せなことです。

by studio-aula | 2019-08-21 09:01 | プロセス | Comments(0)

新しい計画

新しい計画_c0116631_23133885.jpg
さわやかな晴天に恵まれ八ヶ岳まで見通しが効いた今日
素晴らしく景色の良い場所を好み
自然を受け止める
感受性をもつ人との計画は楽しい。
楽しみな計画が続きます!





by studio-aula | 2019-04-04 23:19 | プロセス | Comments(0)

新しい計画

新しい計画_c0116631_12421405.jpg
松本、塩尻周辺にて土地を探したいという新しい計画の相談が増えています。
関係書類を取り寄せるべく時々不動産会社へ連絡を入れるのですが
業界が違うと言葉が通じにくくて困ります。

不快な思いをしない事がほぼない・・




by studio-aula | 2019-02-18 12:46 | プロセス | Comments(0)

ゆっくり計画も

ゆっくり計画も_c0116631_08102514.jpg
来年の計画の敷地を確認に行きました。
ご実家近く
所有林の山の木を使えないかと考えています。

by studio-aula | 2018-08-30 08:12 | プロセス | Comments(0)

piano piano

piano piano_c0116631_09431328.jpg
お休みの日
長野市芸術館で開催された反田恭平さんのコンサートへ
新しい市民ホールの設計者は槇 文彦氏
予算とワークショップなど、ご苦労されたと間接的にお聞きましたが
髄所に芸術を鑑賞する楽しさよりも創造の苦しさを感じてしまう建築でした。

反田 恭平さんのピアノは若さと勢いがあり
熱が伝わるオーラに溢れて、良い体験をさせて頂きました。

全国ツアー中でどこもチケットは完売
ピアニストにとどまらず、柔軟さと破天荒なカリスマ性もありそうな人
観客の熱狂を押し返す4回のアンコールに思わずファンになっていました。

そんな日曜日、5年前に竣工した「時を想う家」ご実家から長年使っていないというピアノを頂くことになり、事務所の一角に置くことにしました。
ありがとうございます。
先日も「ひなぎく美容室」さんの解体前の片付けで50年前近いアンティークピアノと出会いました。
こうした出会いは今まで気に留めて居なかっただけなのかもしれません。
様々なストーリーを持つピアノには、ご両親、家族の愛情が溢れ、一言では表現できない深さ、そして捨て去る事の出来ない思い出が含まれています。
piano piano_c0116631_10215891.jpg
で・・そういえばと思いだし私の実家でみつけたオルガン。
足踏みと電動の過渡期にあった頃、父が頑張って買ってくれましたが
家族は騒音に耐え切れず(笑)あまり弾くことはありませんでした。

その後 引っ越しの際にも捨てられず
実家の小屋裏収納に眠っていたもので、先日40年ぶりくらいに弾いてみました。
(確かに音が調節できず父の拒絶反応も理解できます)



by studio-aula | 2018-08-20 09:56 | プロセス | Comments(0)

ダイバーシティ




ダイバーシティ_c0116631_11312038.jpg
気持ちで動く事を自覚している私たち、予算の壁にぶつかりながら
1か月前から構想し、話し合ってきたプランを形にするためにスケッチを書いています。

高齢者も活発に外に出る様になり
計画ではユニバーサルデザインが求められています。

雑談からですが
外国人が日本に来る機会も増え、障害者さんの施設を設計したこともあり
現在は作業所を設計中
ダイバーシティとは多様性社会を意味していたと最近知りました。

例えば白人社会からすれば
日本人男性はマイノリティー
にも拘わらず日本はまだまだそんな社会ではありません。
言葉に自身の考えが現れている方も多く驚くことも・・

更に価値観を見直し自分を戒めたいと思います。

by studio-aula | 2018-06-10 11:46 | プロセス | Comments(0)

HOUZZというサイトでお施主さんに

レビューをいただきました。
理由は最近建売やメーカーさんが増え注文住宅が減っているそうです。
これからも注文住宅を続けていきたいから、大工さんを育てようとしている工務店で棟梁が行く現場が足りないから(成長し棟梁が増えた)
職人さん不足の世の中で本当に良い仕事を全うしてくれる大工さんが仕事が出来ないほど辛いことはありません!
そんな思いから、2020年~先の近い将来を考えてお施主さんへレビューをお願い致しました。

お応え頂いたKURA掲載の「Sさん」そしてYokoさん、SAKIさん、YUKAさん本当にありがとうございました!


専門家との関係: クライアント
プロジェクトの時期: 2016年1月
プロジェクトの費用: 1,000万円以上
「いいね!」1 件 2018年4月27日
専門家との関係: クライアント
プロジェクトの時期: 2017年4月
プロジェクトの費用: 1,000万円以上
祖母から譲り受けた築90年の木造住宅をリノベーションして頂きました。

私は古い建物が好きで、元々の建物も好きでしたが、あまりの寒さと耐震面、耐久面への不安から、リノベーションしたいと思い色々な会社をあたっていました。
しかし、私の古い建物が好きだという気持ちを真剣に聞いてくださる会社はなく、潰して新築の方が安いですよという提案が続いていました。

そんな中、アウラさんに初めてお会いした時に、これは潰してしまうのは勿体ない、リノベーションの方向で考えましょうと言って下さいました。
私の古いもの好きの感覚も分かって下さってとても嬉しかったことを覚えています。
また、猫にも息子にも優しく自然に接して下さった事がとても安心できて、お二人にお願いしよう!と決めました。

計画を詰めていく過程でも、私達の考え方や暮らし方をきちんと聞いて下さいました。
結果、イメージ以上の素晴らしい家が完成しました。
完成した家は、古いものと新しいものが融合したとても素敵な空間です。
真冬でも薪ストーブで家中が暖かく最高です。
キッチンの窓から有明山が望めたり、毎日楽しいです。
何よりきちんと耐震、耐久面の対策をとってくださっているので安心して生活しています。
アウラさんが紹介下さった大工さんは本当に素晴らしい仕事をする方で、細かなところまできちんと仕上げて下さいました。

普通のハウスメーカーより時間は掛かりますが、自分達がずっと暮らす家です。
本当に納得して安心できるプロにお願いしてよかった!と心から思います。
お二人に出会えたことに感謝しています。
「いいね!」1 件 2018年4月10日 最終更新:
専門家との関係: クライアント
プロジェクトの時期: 2017年10月

by studio-aula | 2018-06-03 16:12 | プロセス | Comments(0)

規則性

今年、初めての積雪です。
事故の無い様に気をつけて過ごしていきましょう。
現場も工期が迫っていることもありますが、安全第一で・・

まわる家 2014年 竣工
梁と垂木を現し構造的に規則性のある家


規則性_c0116631_09125676.jpg






規則性_c0116631_09150104.jpg


by studio-aula | 2018-01-23 09:15 | プロセス | Comments(0)

少し視線を変える

少し視線を変える_c0116631_00355234.jpg





少し視線を変える_c0116631_00364770.jpg

by studio-aula | 2018-01-20 00:38 | プロセス | Comments(0)