信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

2020年 02月 06日 ( 2 )

実家横 欅紅葉の家

実家横 欅紅葉の家_c0116631_09140130.jpg


12月で引き渡しさせて頂いた松本市の家は神社の欅が象徴的に窓から見える家です。

1月になり新しい楽しみな計画がはじまりました。
JIAの会議からやってきた?と思われる
高熱が出て本当に苦しい!」インフルエンザA型に二人してかかってしまいました。
ノロウィルス、肺炎そしてまだまだインフルエンザと最近は空気と水に予断がならず
換気空調を考えていかなければならない時代です。

それもあり毎日があっという間に過ぎて既に2月。

1週間は誰にもあわずご迷惑をおかけしましたが無事に全快!
体調管理に気を配り今後はお休みをきちんととります(何しろブラックなもので→死語)

ワークバランスを整えて
生活を大切にしていきたいものです。


by studio-aula | 2020-02-06 09:19 | 欅紅葉の家 | Comments(0)
暦の上では立春しかし寒いです。_c0116631_08392762.jpg



暦の上では立春しかし寒いです。_c0116631_08404410.jpg
昨年の1月6日に新月伐採したヒノキ材は
家の中心にすわり
暦の上では立春しかし寒いです。_c0116631_08371771.jpg

唐松の柱は加工を経て板材になりキッチンカウンター
テーブルとして毎日暮らしの中で生きて行きます。

1年以上の年月をかけて漸く人の手を経て使う事が出来る木の命を
大切にしていきたいものです。
全ては繋がっている者と感じる日々
暦の上では立春しかし寒いです。_c0116631_08374608.jpg

詩人白井明大さんによる、二十四節気七十二候の歌こころカレンダー

を最後の一枚をめくると春の訪れと共に終わってしまった寂しさを心から感じ、今更ながら季節毎の言葉に慰めてもらったり気が付いたり日常の一部になっていたことを思い知りました。

しかしどこを探しても売り切れで今年のカレンダーは諦めるしかなさそうなのでまた来年は見逃さず買い求めようと決意を固めたのでした。このカレンダーは2月4日の立春始まり、上から節気、時候、そこに当てはまる日付が並び、最後にその季節に合わせた白井さんの歌が詠まれます。その言葉に励まされていました。




by studio-aula | 2020-02-06 08:50 | 林家(りんか) | Comments(0)