信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所

2018年 01月 07日 ( 1 )

計画中


2018年着工予定 「四季を感じる家」スタディ模型です。
高低差のある敷地を生かしたスキップフロア

住み繋ぐという意味には
家を残すということでなく
場所を生かすということもあるのだと
思います。

この場所で
暮らす意味、受け継がれていく景色や場所への思いは
子供たちに伝わっていくはずです。




c0116631_21312940.jpg


by studio-aula | 2018-01-07 21:17 | 2018 | Comments(0)