信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所

2017年 10月 12日 ( 1 )

断熱改修

c0116631_17263631.jpg
塩尻市の内科医院さんの待合室を断熱改修
この時代のRCは無断熱
内側に胴縁を打ち、スタイロt=30を入れ
ガラスブロックの開口に建具を追加しエアコンのコア抜きがされ、
使えなくなっていた排煙窓を使える様にします。


パイプスペースからの冷気や後から開口されたエアコンや換気扇の開口部も適切に
改修しきちんと冷気が入ってこない様にしていきます。
今回の改修工事で同じ暖房器具を使ってもかなり効果があると思います。

開口前にパネルヒーターを設置すれば足元の冷えも解消されるかな?
木工事が順調に進んでいます。

by studio-aula | 2017-10-12 17:32 | いろいろ | Comments(0)