信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アアルトのアトリエ



大学からはヘルシンキオリンピックに使われた木構造の体育館を見て
タクシーで移動

広い敷地を持つ豊かな住宅街で途中から歩いてアアルトのアトリエへ
ヘルシンキムンッキニエミ 手狭になった自宅近くに1954年~1955年にかけ建築された。
岩盤がむき出しになった急斜面に
そのままの地盤を生かし内部も高低差により変化している。

帆を張った様な形
通りに対して閉鎖し内部に向かって開く
ここでも円形劇場の様な形態の中庭がある。

c0116631_09312150.jpg


c0116631_09254078.jpg


c0116631_09252236.jpg

生きているかのようなアトリエ
c0116631_09283721.jpg



c0116631_09281857.jpg

今も魂が宿る
アトリエ

アアルト存命中の1964年頃には増築その後食堂が一階に改装もされた。
また2002年から2004年まで修復が
今も外部の一部に足場がかかりメンテナンス工事が行われていました。
現在も財団のOFFICEとして使われています。

建築当初の材料や構造を破壊することなく施され
家具様々な配置にもアアルトの意図を感じられるような空間の中で
アアルトの意図や才能、考え方をそして偉大さを直接感じとることができ
本当に震えてしまいました。

美術館とも記念館とも違い
建築当時のアアルトの意図通り維持され使われている
まだ現役で生きているかのようです。



by studio-aula | 2019-09-13 09:57 | フィンランド建築旅行 | Comments(0)