信州の建築家 吉田 満+保科 京子


by studioaula一級建築士事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

起業家と





c0116631_09081642.jpg

今月発売のKURAに「時を想う家」掲載されております。

先日、塩尻市に新しく建築されたコーワーキングスペース+シェアオフィスのプレオープンに参加させていただきました。
建築は楽しみながら設計を進めたこと、自由な発想で表現された事が伝わる建築家の良い顔と共に
楽しませて頂きました。

STUDIOAULAの最近は、起業家や経営者である施主さんが増えて来たように思います。

仮に施主さんがコワーキングスペースに行くとしてどんな「場」の使い方をするのだろうか?
何かを貫く事、協調性、独自性、広い視野をもつことや人を惹きつける魅力に溢れた皆さん一人一人の事を思い出しつつ
どの様に「ひと」と「場」と関わっていくのだろうかと思いを巡らせてみました。

仕事に専門性があればあるほど、守秘義務も生じ、時代の流れの速さに翻弄されていく中で
コワーキングスペースで仕事をする難しさも、ちょっとした雑談や息抜きや視点の変化を欲する事も多々あり、mimosaの様な小さな場所でも出会いで人が繋がり解決策に直結する場面は何度も見て来ました。

その場に揃った時代の最先端を行くIT機器に「さ、さあ!アイデアを出して!」と促されているような感覚に
自分の「NOIDEA」に恥ずかしさを感じ、身の置き場が見つからなかったものの、ともあれ塩尻を訪れる役所関係の都会の方々にとっては使いやすそうで良かったです。

一方、HANALABさんやCREEKSさんに、居心地の良さがあるのは苦しみながら混沌とした狭間で民間で運営され、重ねて来た思いやその場所の中に、その街のひとの顔があるからなんでしょう。

「スナバ」にも地元の人が溶け込めれば良い場所になっていきそうです。





by studio-aula | 2018-05-23 09:21 | いろいろ | Comments(0)