長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
現場日誌ブログですが、計画が重なり久々の現場状況のアップです。(汗汗、、、)

「くるむ家」の基礎工事も梅雨に入って思うように行きませんが、やっと下の段基礎の立ち上がりのコンクリート打設を行いました。
続(ぞく)と言うことで、型枠脱型後、高い段の基礎工事を行います。
c0116631_2105163.jpg


高低差のある敷地の場合、布基礎で高さを変えて基礎を造ることはありますが、今回は地耐力が布基礎だと不足していたため、ベタ基礎で高低差のある基礎を行っています。
もちろん、配筋検査やアンカー検査も2回づつ行います。

木工事のプレカットの打ち合わせも行い、いよいよ来月には上棟を迎えます。
# by studio-aula | 2012-06-21 20:44 | Comments(0)

嬉しかったこと

被災犬のお話を以前、書かせてもらいましたが、今度Kさんのお宅の一員になるべく
トライアル中のわんちゃんです。

保護されている場所にお連れした事がきっかけでご縁が出来て、そしてワンコが幸せになってくれて
本当に良かった。

心から嬉しいです。
c0116631_749483.jpg

# by studio-aula | 2012-06-20 07:49 | Comments(0)

伊那方面

くるむ家
基礎工事中です。
断熱材と防蟻土壌工事の確認を行いました。
c0116631_11422179.jpg


東雲色の家
住まわれて約1年半経過し梅雨に備えて前面道路に沿って
みずみちのため防土工事「三楽さん」が施工してくれました。

これで安心です。
# by studio-aula | 2012-06-15 11:42 | Comments(0)

写真

c0116631_1312285.jpg


写真:「東雲色の家」

Ippei Sinzawa Photography

Ippei Shinzawaさん撮影

撮影の写真をホームページに新規アップしました。

c0116631_13124079.jpg



「うちにわ そとにわ」

実際の建物は私達の手元に残らずとも、こうして建築が伝わる写真を残すことは大切な事だと
感じています。
またお願い出来る様にしっかりと仕事をしていきます。
# by studio-aula | 2012-06-14 13:12 | Comments(0)

上棟

昨日の月曜日、晴天の中無事に上棟した松本市内の現場です。

家族3人の住む家は
ぺリメーターゾーン(外部に接した部分)とインテリアゾーンを
白いカーテンで仕切る事で空調と室内環境を調整しながら
暮らせるようにと考えました。

低く抑え閉じた生活スペースと「ひろば」と名前をつけた吹き抜け、
場所により広がったり閉じたりと住んで楽しくなるような視覚、そして体感的な変化を考えました。

そしてもちろん
外部と緑の介入も視野にいれてます。
それは恐らく後工事になりそうですが、9月竣工予定です。

c0116631_15245920.jpg

# by studio-aula | 2012-06-12 15:24 | ミンナノハコニワ(松本市) | Comments(0)

雨天延期

松本市現場の上棟は
雨のため延期。月曜日に仕切り直しになりました。

この時期の工事は日程調整が必要ですけど
雨降って地固まるという事で前向きに考えます。

今日もプランニング。事務所のお掃除と
少しだけ時間のゆとりが生まれましたが来週からまた怒涛の日々が続きそうです。


やはり梅雨入りしましたね。
# by studio-aula | 2012-06-09 22:59 | ミンナノハコニワ(松本市) | Comments(0)

進む現場

伊那市「くるむ家」のGL設定を現場で再検討。
実家のある敷地に畑を買い足している計画でふたつの敷地高低差をどう考えるか?
プランニングではスキップを数段ゾーン別に設定していますが残る200ミリを内部で緩衝するか
外部で緩衝するのか?最後まで試行錯誤。

木の伐採が完了し建物の配置を確定したのでレベルを再度確認しながら検討しました。

既存の庭の漉き土を見た事で方向性は固まり
また来週、基礎やさんと打ち合わせをしてから決定する予定です。
山に近い場所にある敷地は道路に沿った高低差は様々な風景の恩恵をもたらしてくれるんですが
一方雨水処理など克服しなければならない課題も多いものです。

今日から松本市の「ミンナノハコニワ」は土台敷きが始まり明日の上棟を迎えます。
雨が降ったら困ります。無事に行きますように!

帰り道、白板の敷地の状況の確認。
早くも隣地は基礎工事中、工務店さんの解りやすい間取りは基礎の形で生活パターンの想像が
つくので対策も講じやすく計画する際には少し助かるかな。
c0116631_2047327.jpg

# by studio-aula | 2012-06-08 20:47 | Comments(0)

むろを使う

今日の打ち合わせは敷地内にあるむろを生かし倉庫にする計画。
手堀で掘られたむろの中は通気も確保され夏涼しく冬は暖かいという状況で
詰まれた石もしっかりしていますが補強していく予定です。

また昨日の打ち合わせは松本では珍しい煉瓦造の建物のある前の敷地での計画と
考え甲斐のある不思議な敷地の計画が進みます。



c0116631_231759.jpg


昭和ではおなじみの「むろ」ですが、冬には大根や白菜などを貯蔵、夏でもジャガイモが芽が出るのが
遅くなり重宝されていました。
小さい頃、悪さをすると閉じ込められる!そんな場所で...
実際お仕置きで閉じ込められた事もありますが、ジメジメしてとても怖い場所でした。

それにしても何でお仕置きされたのか全然覚えてません。つまらないことだったと思います。
欲しいものが買ってもらえず泣いていたり、今の時代では考えられない事かもしれませんが
まぁまぁ楽しいむろの思い出です。
# by studio-aula | 2012-06-04 23:00 | Comments(0)

計画中

9月着工予定の安曇野市の住宅
「光をめぐる家(仮称)」の計画が順調に進み、詳細に入っています。

双子の女の子のいるご家族の住む家です。
スクリーンの様に生活のシーンを切取る開口、ゆるやかな部屋と部屋との境界、
そして隣地との境界に景色を切取る開口を設けました。

ここまで計画を練り上げて来るとぼんやりしていたものが
はっきりと見えて来ました。
景色を取り込みながら緩やかに閉ざす事がテーマの様な気がします。

c0116631_22302627.jpg

# by studio-aula | 2012-06-03 15:21 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)

桜の木のお手入れ

山梨の北杜市で計画中の敷地にあるソメイヨシノのお手入れを三楽さんが
行っています。

昨日は、新しいプランを見ながら窓の位置と景色との関係を検討しました。
着工は来年の秋!になりますが
この過程をしっかり検討する事が満足感に繋がるので一歩一歩ゆっくり進んでいます。

c0116631_14425147.jpg

# by studio-aula | 2012-06-03 14:43 | Comments(0)

撮影の合間に

虹を見ました。

しかも二箇所から

写真にはひとつしか写っていませんがこれは良い予感です!!

c0116631_113523100.jpg

# by studio-aula | 2012-05-30 11:35 | Comments(0)

写真撮影

土日と関東よりフォトグラファーのIPPEI SHINZAWAさんにお越しいただいて
「うちにわ そとにわ」
「東雲色の家」の撮影を行ないました。

不安定な天候の中土日だけ晴れ、お施主さんにご協力頂き
丸一日かかり撮影をしていただきました。
お施主さん本当にお疲れ様です。


この写真は私達の撮影した素人写真です!
c0116631_1317477.jpg

OLIMPUS PEN

c0116631_13235235.jpg

CANON EOS
納品して頂けるのは2週間後との事ですが画面よりのぞいただけの写真の中から
「光と影」「曖昧な境界」「時間の流れ」を見ることができ、感動しました。

写真とは一瞬を切取る時間との闘い、影の見え方、光の入り方そして風の向き一瞬の違いで大きく変る、その
一番良い輝きを逃がさない間との真剣勝負、1人で走り機材をセットし空間を整えるそして自らを整える
その姿勢に
2年前に独立された直後にお願いした時から、かなり進化されたな..なんて感じて
IPPEIさんから沢山の刺激を頂きました。
# by studio-aula | 2012-05-28 13:20 | Comments(3)

プロセス

基本計画を練ってます。

c0116631_1525598.jpg

# by studio-aula | 2012-05-24 15:02 | Comments(0)

一年点検

昨年竣工した安曇野Stepsで一年点検

子供達と「学校の怪談」を階段で読んでます。

やはり取手のゆれや建具などの部位に調整項目出てきますし外部塗装は早めのお手入れする事で劣化を遅らせることが出来ます。がなかなか皆さん手が廻らないようです。

c0116631_2337349.jpg
外周りはこちらももこもこの下草が!育ってきてます。本当は事務所もこうしたいのですが伸びすぎた芝生などやる事は沢山、また畑の草も退治しなければならなくなってお尻に火がつきました。
c0116631_23375351.jpg

# by studio-aula | 2012-05-21 23:37 | Comments(0)

プロセス

茅野の向う、武川での計画、山の稜線、そして樹木をどう取り入れられるのか一日かけて検討しました。
まずは、想定するゾーニング(部屋の位置)は大体、決まってきた事もあり敷地内のどの場所に
メインのリビングを持ってくるのか、その際に樹木はどう室内から見えるのか?また屋根との関係を検討します。

c0116631_913241.jpg


また雲から顔を出した甲斐駒ケ岳を室内にどう取り込むのか?そして室内のフロアーレベルからどう見えてくるのか、脚立に乗って細かく検討。
c0116631_915866.jpg


建ててからどう外部との関係性を保ち生活の一部とする事が出来るのかを考え、予測しながら一日敷地を歩き回ることは楽しい作業でした。
# by studio-aula | 2012-05-21 09:05 | Comments(0)