長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

足場が外れました。

c0116631_10521164.jpg
ご近所で施工中の2世帯住宅の足場が外れました。
エントランスの松は祖母の実家からいただいた松で伐採はせず今も家族を見守っています。
松も住宅の庭の一部としてまた新しい歩みを始め、シンプルでありながら松との調和を整えた住まいとなりほっとしています。
子世帯の2階リビングと繋がるテラスは屋根をかけたことで
四季を問わず楽しく過ごせるスペースとなりました。
2階にあがると西に穂高岳から北アルプスまで綺麗に見渡せて、私たちの暮らし営む環境がいかに豊かであるか実感できる素敵な空間です。

先週より九州の実家の事で予定変更などご心配をお掛けしまして申し訳ありませんでした。
これからも急に帰省する事態も予想されますが引き続きよろしくお願い致します。
信州まつもと空港に飛行機でおりてきた際に周囲の山々の近さと田畑の緑、都市化されて来たとは言え生活圏はすっぽりと自然に包まれていることを実感しました。
そして松本平と呼ばれる塩尻から安曇野までは一帯であり空から見れば諏訪湖もしっかりと確認でき自然の中で生命圏を共有していると改めて気付きその風景をしっかりと目に焼きつけて来ました。
日々に翻弄されてはいますが、山々に囲まれ豊かで恵まれた場所で生きていく意味や山と繋がる暮らしを蘇らせることが私たちの仕事ではないかと考えています。


# by studio-aula | 2016-06-29 11:01 | 庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯 | Comments(0)

上棟しました。

c0116631_07224236.jpg
安曇野市で6月6日「還る家」上棟しました。実家の隣の敷地です。
使い勝手を重視した住宅には6帖ほどの土間スペースがありご主人のスペースになります。
薪ストーブも初めて設置するのに既に薪割は完璧。一冬を越せる分のストックは敷地内に置いてあります。

# by studio-aula | 2016-06-21 07:26 | Comments(0)
http://www.studio-aula.net/news/

久しぶりにホームページの計画中を更新しました。
竣工写真はもうしばらくお待ちください。

大きな地震が続き長野県でも震度6以上の地震がくる確率が増している事もあって計画は平屋が続きます。
今日も店舗+平屋住宅の依頼を頂きました。
7月末に塩尻市で3世帯住宅のオープンハウスを予定しています。
この1ヵ月間、プロポに挑戦していた事もありブログをさぼってしまいましたがまめに情報は掲載しますのでよろしくお願いします!


# by studio-aula | 2016-06-20 18:54 | いろいろ | Comments(0)

竣工しました。

c0116631_16461950.jpg
長いアプローチをとった「月の間の家」竣工しました。
車の動線とアプローチを明確に分けた事でリビングはぐっと居心地が良くなります。
お施主さんが庭で芝生を植えたり、宿根草を植えたりしています。
まめなお施主さんはきっと家も大切にしてくれると思うと嬉しくなりますね。

# by studio-aula | 2016-06-20 16:48 | 月の間の家 | Comments(0)

基礎工事中です。

昨日はご近所の現場打ち合わせの後で佐久へ
道路面に窓をつくらず内側に開いたコートハウスでご主人が庭仕事をしていました。


c0116631_09183698.jpg
安曇野市の還る家・安曇野
基礎工事中です。
お施主さん関係の工務店さんとは初めてのおつきあいの為、打ち合わせ回数も自ずと増えてきます。
c0116631_09201844.jpg

c0116631_09253751.jpg
下越そよ風の家
樹木が植えられ家庭菜園用のスペースが主役の庭になりました。

# by studio-aula | 2016-05-15 09:29 | Comments(0)

教室


昨日は、塩尻西ロータリークラブさんにて私たちの行っている社会貢献活動「仄仄まちづくり」についてお話をさせて頂きました。
プレゼン資料をつくる事ではじめた思いや行ってきた活動とこれからを考える機会になりました。
StudioAULAの意味はARCHITECTURE  URBAN  LANDSCAPE ARTの4つの方向性ともうひとつイタリア語で「教室」という意味があります。
改めて活動を振り返ってみると、オープンデスクの学生に限らずお互いに学び合う機会としてのSTUDIOとアトリエ
その場所で広がるひととひとの繋がりとコミュニティ。
生き方に添ったコミュニティが生まれる事は多様化した時代にあってハードだけでなく人が楽しく暮らすために不可欠なものです。
住宅の設計をさせて頂きながらの活動はライフワークであり事務所の開設理念と重なることを実感しました。

現場も塩尻の現場2件と安曇野の住宅が着工し着々と進んでいますが今日は昨年竣工した松本の住宅写真を。

c0116631_09081417.jpg

# by studio-aula | 2016-05-13 09:18 | 美生(みしょう)の家 | Comments(0)

GW前

少しGWのお休みを前倒しして
4月26日~28日まで岡山県・直島まで行ってきました。

仕事の予定を優先しこの5年ほど満足できる旅行もない毎日でした。
久しぶりに海を見て、アートを満喫し建築に深く感動し帰ってきました。
建築の可能性、そして体験した事のない空間・生命の誕生を考えるアートに包まれていると自然に涙が溢れてきました。

竣工した住宅の完成写真や計画中の住宅のことなど最近はアップできていませんがいつも通りに忙しくしています。
今年はゆっくりとした工期や計画を意図的にお願いしていたり、急がない事をお話しして
皆様に満足いただける様にと進めています。

そして仕事の進め方も変化が生まれています。
これから、安曇野のリノベーションの見積もり・着工そして6月、7月と竣工と着工が続きます。
また有難いことに契約を進めるお話も続きます。

リフレッシュしてまた頑張っていきますね。
c0116631_18373736.jpg
c0116631_18351351.jpg

# by studio-aula | 2016-05-09 18:46 | Comments(0)

地鎮祭を行いました。

c0116631_09212873.jpg
還る家 安曇野
東海地方からUターンをされるご家族の住宅です。
ご実家のお隣に還ります。

薪ストーブに拘り早くも今年の冬の薪割を完了しました!
お施主さん 本当におめでとうございます。

# by studio-aula | 2016-04-13 09:23 | Comments(0)

灯りがつきました。



c0116631_09183534.jpg

c0116631_09173014.jpg

# by studio-aula | 2016-04-13 09:19 | 下越そよ風の家 | Comments(0)

竣工写真


これから先の計画のご相談や着工準備そして現場などお陰様で忙しくしています。
消費税増税はどう決まっていくのでしょうか?
色々と心配ですが幸いにも今回はすごくいそいでいます!というご相談が少なく段取りを考えながら仕事をしています。
というのも前回の時には皆が考えていることが同じだったために、工事や職人さんが間に合わず、必ずしも消費税前に契約という事が「得」でもありませんでした。

一般庶民があくせく税金をおさめ、公を考えている時に大手企業の一部は税金逃れの方策を実行していたなんて日本人のモラルにがっかりしますね。
とっさの時にどんな人間でいられるのか?
自分自身も心配ではありますが、武士は食わねど・・という気持ちになれるように心のあり方は整えていきたいものです。

c0116631_17342738.jpg
c0116631_17352176.jpg

# by studio-aula | 2016-04-07 17:43 | 開く家 | Comments(0)

もうすぐ竣工です。



佐久市で着工中のそよ風を導入した住宅がいよいよ竣工します。


c0116631_11311987.jpg

c0116631_11314191.jpg

# by studio-aula | 2016-04-06 11:33 | 下越そよ風の家 | Comments(0)

ワークショップ

塩尻市大門商店街でリノベーションを行ったシェアオフィスミモザがプレオープンしています。まちの成り立ちに重要なこの場所でリノベーションの計画を始めたのが1年前でした。それから紆余曲折を経て施工に入って貰うまでも資金面や人間関係、大家さんとのお話で大変苦労しました。

それでも何とか進んだプロジェクトは、まちやひとと関わり安全や安心そしてまちとのつながりを大切に考え完成しました。
そしてこのスペースは皆で「mimosa」と名前を付けました。

まちには様々な思惑があり人が交差している、私たちは「まちづくり」がしたい!という純粋な気持ちで始めたリノベーションまちづくりですが、どかーんと覚悟を決めるまで本当に並大抵ではありませんでした。しかしやはりここでも「人」によって進む事が出来ました。
今、シェアオフィスとして蘇ったスペースは働く人によって大切に使われています。ここで人の姿を見る時、そして緑が増えたりちょっとした設備が増えたりとこの場所に思いを掛けてくれる「ひと」の力で益々パワーアップをしていくことになります!
リノベーション前、減築も含めまちに広場をつくりコモンを生むこと!そこから考えたプロジェクトの着工前の姿です。
c0116631_11040722.jpg
工事中
c0116631_10544370.jpg
竣工を向かえた後のワークショップ
c0116631_11003515.jpg


ここで今週の土曜日にピザ窯づくり講習会を開催します。
ご家族連れで大歓迎ですので是非!
問い合わせは sa@studio-aula.net まで



c0116631_10512213.jpg
c0116631_10511207.jpg

# by studio-aula | 2016-04-06 11:13 | Comments(0)

オープンデスク


c0116631_10464986.jpg
オープンデスクに来てくれた学生さんが制作した塩尻市大門地区の1/500模型です。
今回の春休みに
住宅の模型から現場、シェアビレッジイベント参加、~Archi CONNECT~私達まちづくりメンバーのイベントに参加まで
様々な人やまちの問題や新しい風に触れてハードな時間を過ごしてもらいました。

何より制作してくれた模型はこれからずっとミモザに置いて長くまちを見つめていくことになります。
数年後、模型と比べてまちがどう変遷してきたかそして新しいコミュニティはどう動いたかなど観察する事で
建築家として生きていく何かの礎になってくれればと思っています。

# by studio-aula | 2016-03-31 10:53 | Comments(0)

感動する事

アウラのブログを楽しみにしていてくれるお施主さんにはご無沙汰していました!
最近の出来事ですが、
日常の日々が慌ただしく過ぎていくとつい変化を求めてしまいます。

最近、旅に出ていないから感動が足りない?私のわがままで
そうだ!どこかに行ってみよう!などと話をしてみて
ふと見渡してみると日常の中にほど感動することはあるものです。

例えばオープンデスクの学生の純粋さ、模型にどれだけ時間がかかったのか?エネルギーを注ぎ込んだその時間、そしてものに宿る姿。
例えばお料理を出してくださったお馴染みのシェフの白髪を見つけた時や
情熱や純粋さなどいつも素直に感動していたいと思った日々でした。

私たちのお施主さんは質の良い暮らし、空間、そしてらしさを求め私たちの元に来てくださいます。私たちは夫婦で設計事務所を共同主宰し、お互いがどんなことを粋に感じ苦しくても歯を食いしばりそのあとの喜びを迎えるのかが共通しています。→だから一緒にやっていけてる。
やはり、打ち合わせで笑ってお金の話でも家でも笑ってそして現場でも笑っていられる仕事をしていきたいものです。そんなこんなで10年!笑う日が最近は多いなぁ。。


佐久市の「開く家」で引き渡しが終わりました。
事務所にお越しくださり2年。
言いたいことを言い合って良い関係が生まれたように思います。
そのおかげで
お施主さんらしい暮らしやすい家になりました。
また同じ敷地に住むご両親が時々心配される中、私たちをご理解くださり
ありがたく頼もしく感じました。

いろいろとありがとうございます。
そして
これからも末永くよろしくお願い致します。

c0116631_20540460.jpg
c0116631_20554084.jpg

# by studio-aula | 2016-03-25 21:06 | プロセス | Comments(0)
c0116631_22174245.jpg

もうすぐ竣工です。



# by studio-aula | 2016-03-20 22:19 | Comments(0)