長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

コートがあらわれる

c0116631_09442349.jpg
ブルーシートが外されてコートへの開口が現れました。
大スパンで構成した間口のあるリビングから水回りの回廊と生活スペースまで程よい距離感があります。
こちらも着工から5か月そして竣工は8月という長丁場の中で
工務店さんには複雑な構成と収まりで苦労して頂きお施主さんにはご理解を頂き本当にありがとうございます。


# by studio-aula | 2017-06-13 09:48 | 備えるコートハウス | Comments(0)

基礎コンクリート打ち

c0116631_09404049.jpg
広丘の多世帯+店舗併用住宅
ご要望も多く、店舗も併用のためひとつひとつに手間がかかってます。
複雑な形態を計画、設計してもそれに応えてくれる基礎やさん、工務店さんがいればこそ!成り立つ私たちの仕事です。
本当にありがたいです。
7月の上棟に向けて進んでいます。

# by studio-aula | 2017-06-13 09:43 | HOUSE-ICHIKO | Comments(0)

nen rin do




c0116631_12023802.jpg
SA+T 共同設計で塩尻市広丘で店舗のリノベーションがはじまります。
事業継承という計画で資金計画、看板、お店のコンセプトまでプロデュースから設計デザインまでまちづくりで出会った繋がりを生かして進めてきました。

近くのお店と関わることで地域課題や未来について考えました。
楽しいお店に生まれ変わります。
これから一か月・・厳しいながらも楽しみです!


# by studio-aula | 2017-06-12 12:06 | いろいろ | Comments(0)

残す意味


c0116631_17285213.jpg
建替えた方が早い
何度もそんな声を聞き、私たちも確かにそう考えました。
築90年の家は、古い木材を転用され幾度も改築を繰り返された跡があり2階は木の建具で畳も古く使われていない状態が長く
構造的にもかなりの補強が必要でした。

そこに暮らし始めた20代の夫婦
残すのか新築か
でも何となく残したいけれど・・こうした相談から始まった物語は安曇野のこの地区の多くの子供が育まれた場所という歴史や
女性でありながら戦前から手に職業を持ち歩いてきた先人の思いの伝わる手記の発見や手紙など今の時代にあってももっと強く生きていこうと力をもらえた仕事になりました。


古い納屋や外トイレ下屋などの減築と新しい構造をつくり
基礎と柱を古い躯体と繫ぎ二重構造にし下屋に守られた通し間が記憶をつなぎます。


土地の使い方や庭との関係
周囲の風景が変わっても新しい場所は出来ても
残り続ける場所があるということの意味を深く強く感じています。

お施主さん、そして工務店さんには粘り強く関わっていただけたことに感謝の言葉しかありません。
そして見たことはないけれど、力を与えてくれたかつての建て主さんに
ありがとうと言いたい気持ちです。



# by studio-aula | 2017-06-09 17:40 | EPISODE-M(リノベ)安曇野市 | Comments(0)

春の庭

c0116631_21330177.jpg
2015年竣工した塩尻のコートハウス
庭の草木も育ち良い季節になったので新澤 一平さんに外観写真を撮影して頂きました。

撮影中に近所の年配の方が手押し車でお散歩
毎日、菖蒲の花が楽しみで見に来られているそうです。
嬉しいお話でした。

# by studio-aula | 2017-06-08 21:36 | 種と実を結ぶコートハウス(塩尻市広丘) | Comments(0)

断熱材ブローイング

c0116631_12524291.jpg
木工事中 松本市のコートハウスです。漸く天井断熱材の吹込みが完了し床貼りがはじまっています。
# by studio-aula | 2017-05-30 12:54 | 備えるコートハウス | Comments(0)

高山村プロジェクト

c0116631_11560067.jpg
こちらも進んで来ました!
これまでにない建築、取り組みで地域と繋がるスペースにするべく多くの人の知恵を生かしていきます!
若者よ いつもありがとう!
# by studio-aula | 2017-05-30 11:58 | Comments(0)

建具メンテナンス

c0116631_11362143.jpg
伊那市でメンテナンス。
木の建具は反ったり、伸び縮みを繰り返すのでメンテナンスは欠かせません。

築5年経過して嬉しいニュースもありました。ともあれ、使い易さが戻りほっとしました。

# by studio-aula | 2017-05-09 11:34 | いろいろ | Comments(0)

住まい

c0116631_04354415.jpg
2012年完成してから、ヒンメリを作り始めたお施主さん。余白のスペースがアトリエにかわりました。
# by studio-aula | 2017-05-08 04:34 | Comments(0)

T-LINE

2011年竣工したミニマムな住宅です。
生活スペースと収納スペースを完全に分離しシンプルに暮らす家





c0116631_17181106.jpg


c0116631_17182196.jpg
水回りも直線でつながります。

c0116631_17175978.jpg

光と風を取り入れるスペース
c0116631_17183137.jpg

# by studio-aula | 2017-05-07 08:17 | Comments(0)

美生の家

c0116631_12334283.jpg




窓の外を眺めながら~作業スペースを広くとった長さ 3.600の使いやすいキッチンです。
c0116631_12332765.jpg
水回りと畳コーナー
c0116631_12331248.jpg
2016年竣工 松本市の実家の畑に建築しました。
軒の高さを抑え軒下空間を広くとり土間を設けました。実家の田畑とつながる家です。

# by studio-aula | 2017-05-06 12:36 | Comments(0)

開く家


2016年竣工 開く家
母屋の畑にひらく

3人の子供たちがのびのびと外と繋がる家です。

c0116631_10250040.jpg







c0116631_10253282.jpg







c0116631_10273422.jpg







c0116631_10251478.jpg

# by studio-aula | 2017-05-05 20:24 | Comments(0)

ひろがる家

c0116631_09404827.jpg
2015年竣工「ひろがる家」
開口を見せず奥行きを持たせながら光を取り込むエントランス






c0116631_09453583.jpg

変形角地で北は二方向道路に狭く、南に向かって開く敷地形状の利点を生かし二階テラスを大きく開きました。



# by studio-aula | 2017-05-05 09:45 | Comments(0)

現場打ち合わせ

c0116631_15133718.jpg
安曇野で上棟後、屋根工事が進んでいます。
既存集落の中の敷地を購入し
景色を取り込みながら暮らす家

平屋とLOFT
現場で電気配線の最終打ち合わせを行いました。

c0116631_15093564.jpg

# by studio-aula | 2017-05-01 15:16 | HOUSE-HUU | Comments(0)
c0116631_15005922.jpg

使いやすさを考えたキッチンです。ミーレの電気オーブンとASKOの食洗機
ステンレスカウンターとステンレスの小物棚

5/3~5/8(月)までゴールデンウィークのおやすみを頂きます。
よろしくお願い致します。

# by studio-aula | 2017-04-28 15:03 | Comments(0)