長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「還る家・安曇野」の外壁左官塗りがいよいよ中塗りに入りました。
c0116631_18382449.jpg

雨模様の間、下塗りの養生が出来ました。
仕上げと同じカラーの中塗り材でファイバーメッシュを押さえていきます。
これでひび割れの起こりにくい仕上げとなります。
上塗りは骨材(7厘の砂)を入れて、左官屋さんのテクスチャーで仕上げてもらいます。
いずれにしても雨が心配・・・。

薪ストーブ屋さんも屋根の煙突、内部吹抜の工事に来てくれました。
c0116631_1846269.jpg


屋根の上から、有明富士が綺麗に見えました!
by studio-aula | 2016-09-30 18:49 | Comments(0)
佐久の平屋も着工しました。
こちらの現場もこのところの雨で基礎工事も大変ですが、綺麗な配筋組みで安心しました。
c0116631_18305319.jpg
c0116631_18312072.jpg

今回の基礎屋さんが浮かし型枠で外周も一度に打設します。
手間も掛かり気も遣いますが、打ち継ぎの無い綺麗なコンクリートとなると思います。
佐久はやはり寒い!!
凍結深度も深く、根入れも60cmと深い。
c0116631_1836848.jpg

by studio-aula | 2016-09-29 18:27 | Comments(0)
このところの雨模様でなかなか進められなかった建て方も午後からの雨で中断。
特徴的な切り妻の2階建て部分のみを残し、下屋を撤去、同規模の改築を行っています。
住宅の4号建築の場合、面積が増えなければ確認申請は不要ですが、
建築士の責任で現在の建築基準法に準じなければなりません。
もちろん耐震補強も行います。

既存の2階建て部分を残しながらの補強・・・。曳家するにも、確認申請が必要。
浮かして基礎を作るのもお金が掛かりすぎ・・・。

そこで考えたのが、2階部分の4周を取り囲むように配置された回廊(下屋)でリングのように押さえ込んでしまう方法。既存の柱に新設の添え柱をボルトで固定することで一体化となる。

c0116631_0564166.jpg

c0116631_057516.jpg


新しいものが出来ると既存の傾きがよく分かる。
傾きやねじれを修正しながらの建て方になりそう、せめて天気が回復すると良いのですが。
by studio-aula | 2016-09-28 19:20 | Comments(0)

まちづくりも!

夏休みは来週までオープンデスクのTくん
模型製作、材料見本塗装、まちづくり活動も、春休みから続いて塩尻の方々とすっかり顔なじみになりました。

意図的に夏の間は活動もせず、お仕事のお知らせもぼちぼちとしていてその為か少し静かだった事務所へのメールや新しい問い合わせ、契約と、来年もやはり全速力なのだなぁ~と実感。
やりがいのある仕事で
でも一歩ずつ老若男女協働の社会へ前進あるのみです。
c0116631_12041467.jpg

by studio-aula | 2016-09-11 12:07 | いろいろ | Comments(0)