長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ミミ

c0116631_10060943.jpg
♂ミミ
オレノ家だぜ!
案内をしていただいた後は木登りでドヤ顔
ほっこり。

土日とおかげさまで忙しくしておりました。
土曜日は安曇野へ
減築・リノベ・新築と時代共に移り変わる「住む」ことについて
考えて行かなければならないプロジェクトが始まります。

ミミも一緒です。

日曜日は佐久へ
上棟の目途のついた下越そよ風の家とゆっくり進んでいる開く家。
浅間山もしっかりと顔を見せた晴天の日でした。



by studio-aula | 2015-12-21 10:07 | プロセス | Comments(0)
c0116631_13205156.jpg
還る家足場が外れました。
パテ処理中!おくさん!

少しずつ進んできました。

by studio-aula | 2015-12-13 13:22 | 還る家(山形村) | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_13171909.jpg




前の晩は大雨で朝まで「出来るのか?」心配をしていましたが
奇跡的な晴天、そしてお日様の顔を見て虹まで・・

お天気は最高な日和の中で
本当に幸せなご家族と一緒に住宅を建築できることは何よりです!
塩尻市の二世帯住宅で地鎮祭を行いました!
お施主さんには本当におめでとうございます!!






by studio-aula | 2015-12-13 13:00 | 庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯(塩尻市広丘 | Comments(0)

時には

c0116631_11083246.jpg
2005年からはてなでブログをはじめ、エキサイトに移動して合計で10年経過しました。
日記を書くのが好きだったとは言え良く続いたなぁ~と。
そして書くことが主張する事だったあの頃を振り返れば
今は創ることが表現すること。
なんと恵まれているんだろうと思います。

2007年頃、友人に銀塩カメラで撮ってもらった二人の写真です。
懐かしいって思うほど年月は流れたということか・・

吉田がロジオ風。
今は見た目もずいぶん建築家らしい風貌になってきた。
それは自信と思考..がそうさせているんだと思う。

私は人の良いおばさんになっただけなのか?
それだけでは困るなぁ(笑)修行あるのみ。

by studio-aula | 2015-12-09 11:10 | いろいろ | Comments(0)

竣工写真

c0116631_15230612.jpg
IPPEI SHINZAWAさんに「種と実を結ぶコートハウス」
竣工写真を撮影して頂きました。

種と実を結ぶコートハウスは緑と関わる仕事をもつお施主さんの家
仕事が忙しいご主人ですが
この家で過ごす時間は安らぐ時間であるように。
そしてその時間を糧にまた世の中へ多くの種から実へと実りを生み出して行く事を願っています。

住み替えのため工期も限られ、工務店の時遊館さん庭仕事は三楽さんといつも以上に大変な工事の中、本当に頑張ってくれました。
お施主さんは沢山の夢をこちらに投げかけてくださりまた精一杯、理解もいただき励まされたこともしばしばでした。
撮影のIPPEI SHINZAWAさん
いつも独自の視点からアートの様な写真を撮影してくださいましてありがとうございます。
c0116631_22005853.jpg

c0116631_21523065.jpg
c0116631_21525874.jpg
c0116631_22045205.jpg
c0116631_22060855.jpg



by studio-aula | 2015-12-08 15:24 | 種と実を結ぶコートハウス(塩尻市広丘) | Comments(0)

内装工事はおくさん!

c0116631_23215489.jpg
山形村で内装工事
チャフウォール塗装です。
な!んとパテから塗りまで奥様が!
さすが職人さんの娘さん。
器用でマメで根性があって素晴らしいです!

また家族の歴史を感じる敷地では、どこにいても絵になる風景が広がっています。

by studio-aula | 2015-12-07 23:23 | 還る家(山形村) | Comments(0)

2015.秋着工

塩尻市で見積もり依頼中
「庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯」
ご紹介で来て下さったご近所の建て替えです。

7人での暮らし。
アプローチから玄関まで既存の庭が垣間見れ、趣味のアクアリウムがホールを照らします。
そこを通ると完全二世帯に。
道路から繋がる低い庇と二つの位相するBOXが特徴の住宅です。
今年は切り妻屋根の落ち着いた形態の住宅が2件竣工し、その形態の中でも常にお施主さんやStudio aulaの個性を意識したつもりです。
住宅では、住むお施主さんの細部にわたる志向性を聞き取りながら、どう自分たちの個性をだしていこうかと考えるのですが、今年はシンプルな住宅、落ち着いた形態の住宅のどちらにもそれぞれの良さがでていると思います。

c0116631_11274597.jpg
着工準備中
若いご夫婦の暮らす長いアプローチのある
「月の間の家」
ストレートにアプローチを行くよりもあえて陰から、長いアプローチを計画する。
自然を意識して敷地との関係性を考えた時にみちゆきに情緒的なスペースを創りました。

c0116631_11273819.jpg
by studio-aula | 2015-12-06 11:33 | プロセス | Comments(0)