長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

家具

c0116631_9572164.jpg


塩尻の育むコリドー 屋根の形が見えてきました。


c0116631_957584.jpg


飯島町の家具工房 HUMPさんへ

11月に「思草のコートハウス」に搬入予定のナラ材のキッチン、家具と「時を想う家」ウォールナットのキッチン
椅子等の様子を見させて頂きました。椅子はこの通り完成で出番待ちです!

偶然「育むコリドー」の施主さんがダイニングテーブルと椅子を注文している時間に遭遇しました。
(笑うほどの良いタイミングでした)

しかし現場の職人さんも家具工房さんも皆さん少々お疲れの様子。
現場は来年にかけて益々忙しくなりそうですが、どうかお体を大切にしながら、この限られた時間を踏ん張ってくださいね。(というか踏ん張りましょう!)
by studio-aula | 2013-09-30 10:04 | 育むコリドー | Comments(0)

丁張確認しました。

安曇野市「まつかさねの家」
今日から着工しています。

屋敷林に囲まれた母屋の建つ敷地内で景観に配慮しながらもシンプルな家に住みたいという施主さんの要望に応えるために考えました!

外壁と壁柱に囲まれた曖昧な空間は室内環境を保ち、視線を遮り視覚的に周囲との調和も狙いました。
また室内から壁柱越しに見える景色は変化に富み、黒と白のコントラストに映しだされる背景にある緑はより美しく感じる事が出来るはずです。

c0116631_10222486.jpg


c0116631_10231256.jpg


模型制作:HOSHINAの為、歪みはお許しをと施主さんにお伝えしましたが、喜んでいただきました!久しぶりに作ったので嬉しかったです。
by studio-aula | 2013-09-27 10:23 | まつかさねの家 | Comments(0)

棟上げしています。

雨が降りそう?
心配しましたが日頃の行いのお蔭で無事に一日終わりました。

今日も引き続きクレーンが入り棟上げしています。


c0116631_9553626.jpg


平屋ベースの住宅です。
リビングキッチンの生活スペースを取り囲むようにコリドーを介在した子供室を配置しました。
どこに居ても家族の存在を感じる様に大きな庇に守られて中央に出来る庭で遊ぶことの出来る家です。
主役は子供達の育むコリドーです。


ここから余談です。
先日5月にご相談にお越し頂いた方の敷地を偶然通ったら、大手ハウスメーカーさんの住宅が完成近くなっていました。

私たちの感覚からすると早すぎてびっくりすると同時に
「ご希望の工期には間に合いそうもありません。標準工期は6か月」
一生に一度の家ですからじっくりやりましょう」

とお話させて頂いた記憶が蘇りました。

あの時、奥様が描かれていた夢は「土間がありカフェの様な少しシャビーな空間もいいな」というお話しでしたが総二階の工業化住宅を目にすると
何が良いのかは私たちが決める事ではありませんが好きなものと違う家に一生住むのは辛い事なのではないのだろうか?とふと感じていました。
ほんと余談です。
by studio-aula | 2013-09-27 09:50 | 育むコリドー | Comments(0)

土台敷き



さて塩尻の「育むコリドー」では、上棟に向けて土台が敷かれました。
c0116631_1824065.jpg

by studio-aula | 2013-09-25 18:23 | 育むコリドー | Comments(0)

c0116631_122858.jpg

昨年引き渡しをしてから約一年「くるむ家」の植栽・外構工事がお母さんの植栽場所を残し完了と聞き早速訪問しました。
庭は伊那の特徴である緩やかな起伏を持つ美しい前景と繋がりました。
昨年より続いている計画同様に元は東隣のご実家のお庭だった所に建てさせて頂いた住宅で原点回帰という暮らしを選択されたお施主さんです。

緩やかに下る道路、お母さんの花壇(土の部分)、お父さんの焚き火の炉、緩やかに仕切る生け垣、芝生の庭と樹木。
元気がなかった桜の木も足下を綺麗に手入れして頂き、元気を取り戻すことでしょう。
c0116631_22184040.jpg

c0116631_226477.jpg
c0116631_226175.jpg

c0116631_229631.jpg

<植栽・外構工事:三楽さん>
by studio-aula | 2013-09-23 22:20 | くるむ家 | Comments(0)

奥ゆき

c0116631_98581.jpg


台風一過でテントを守ってくれた土嚢さん
顔を描いて、てるてる坊主にしてみました。

c0116631_992729.jpg


ガルバニウム鋼板の外壁が張られました。
c0116631_910456.jpg


大きなキャノピーを持つエントランス
c0116631_911050.jpg


内部空間に外を食い込ませたり、コートを介在した事で奥ゆきが生まれています。
床面積は大小とわず、曖昧な空間がある事で
生活の中で自然の介在を実感し光の移り変わりや季節などの事象を体感できます。

空間の豊かさ、住まう事の豊かさ
初めからあるもの、そして作り出していくものあると思いますが
それは建ててからでも多くのものが生まれる事もあるはずです。



床材は一階はウォールナットと二階にはミモザ
ミモザの床材は初めてですが見本以上に木目が綺麗です。
by studio-aula | 2013-09-19 09:21 | 時を想う家 | Comments(0)

もう直ぐ上棟です。

昨日の台風一過、辰野町の現場に行くと強風で大荒れ、横殴りの雨と風に多くの樹木が倒れ枝葉が道路やお店に氾濫し中には車の上に倒れているという場所もありました。

長野県でこの状態では
浸水や土砂崩れなど被害に逢われた地方の方は本当に大変な事とお見舞い申し上げます。

幸い現場ではシートを雨の中で取りまとめ、何とか無事に台風は通り過ぎてくれましたが、これから自然災害は増える事が予想されます。
小さな水路でさえ今にも溢れ出しそうで消防団があらゆる場所で出動していました。
日頃災害に遠い場所に居るという意識は捨てなければならないと実感した出来事です。

さて塩尻の現場「育むコリドー」では基礎工事も順調に進み、10月初旬には上棟予定です。どうか大雨など降りませんように。

c0116631_1144756.jpg

by studio-aula | 2013-09-17 11:49 | 育むコリドー | Comments(0)

佐久にて

佐久の現場の後に、4年前?(早い)に竣工した縁を繋ぐ家へ寄させて頂きました。
大きな親戚の子が来ているのかな?と思ったら
当時幼稚園と建築中に生まれた赤ちゃんが成長した姿でした。

大きくなり本当にびっくりで取り残された感じです。
久しぶりにお話が出来ました!

c0116631_11431421.jpg

by studio-aula | 2013-09-15 11:44 | Comments(0)
「繭玉の家」は赤松の無垢フローリングを張っています。

節の無い部分を繋いでいますので、幅広のとてもエコな材料です。

c0116631_810421.jpg


c0116631_8103437.jpg

若い大工さん達ですが、腕は確か!慎重かつ丁寧な仕事ぶりに感謝です。
by studio-aula | 2013-09-15 08:05 | 繭玉の家 | Comments(0)
サッシの取付、玄関木枠も綺麗に納まり、

外部の木下地が佳境になってきました。

綺麗なガラ板張りです。

c0116631_0421372.jpg


c0116631_8143969.jpg


大工さんは小庇のボード張りを丁寧に行っています。

コート(中庭)の重要なアイテムです。
by studio-aula | 2013-09-14 22:45 | 思草のコートハウス | Comments(0)