長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

蓼科の家

水平ラインは低く長く
それで形は整う時がある。
c0116631_031620.jpg

by studio-aula | 2011-11-30 00:04 | Comments(0)

キッチン

縁を繋ぐ家の無垢のキッチン

畳のリビング、古い家の障子と薪ストーブを使ったり
少し懐かしい雰囲気になりました。

造作キッチンの良いところは
コンロを自由に選べるところですかね。

このガスコンロはダッチオーブンが使えるし廻す部分がトップについているもの。
設備は掃除の楽なものでIHに!それとも機能よりも形にこだわるか?のどちらかですね。

c0116631_03749100.jpg

by studio-aula | 2011-11-26 00:38 | Comments(0)

黒漆喰と白漆喰

最近、住宅の内部には漆喰塗りを使うことが多いのですが
理由は微妙なニュアンスが出るからです。

先日のOPENHOUSEで若い方から指摘されたのですが
照明を点けるとムラが目立ちますね。とのこと。

これはクロスの下地ムラに対して良く言われる事ですね。
漆喰塗りでは下地ムラは仕上げにとって致命的、
そんな下地にはとても塗れません。
漆喰塗りは仕上げのコテムラが出るのが良いところ、光の取り入れ方により異なりますが
多くは職人さんにコテムラ程度に仕上げてもらいます。

間接照明を当てるとムラが目立つのは当然の結果、
むしろ嬉しい影なのです。とご説明しようと思いましたが何故か言葉が出ませんでした。

一方外部に漆喰を塗ったのは塩尻の「わくわくら~」一件です。
c0116631_10465494.jpg

「豊丘村の位相する家」では黒漆喰を平屋に使いたいと考えましたが地域性から黒漆喰に持つイメージが
暗い。という事で荒壁のベージュに変更しました。

イメージとは戦時中、黒漆喰塗りの外壁が増えたのはB29の攻撃からカモフラージュ出来るから。
と90代の方々にお聞きした事で「戦時中のイメージ」です。
飯田で同業者に聞いても同じ答えだったので大方正解だと思います。

色の持つイメージは地域により異なり、黒壁の町を観光資源としている所もあるくらいなのですけど
やはりそれは地域の持つイメージを考慮していくことを選びました。
by studio-aula | 2011-11-22 10:47 | Comments(0)

左官

店舗併用住宅の洗面に白漆喰と黒漆喰で壁画を描いてもらいました。
左官屋さんは壁匠トーワさん
安曇野、松本周辺では有名な左官さんです。
c0116631_15969.jpg

by studio-aula | 2011-11-21 15:09 | Comments(0)

生きてきたかたち

空間には生きてきた形が現れてくる。
住まう人のかたち、使う人のかたち、設計した人のかたち。
すらっと生きてきた人はすらっとスマートなかたち。

でも試行錯誤や紆余曲折もまたそれも個性。
うちにわ そとにわでも前の家で使っていた欄間と書院や地板を使用。

c0116631_23392330.jpg


この位相する家でも
束石とこの金物(解体した倉庫で使っていたもの)を使いました。
何でも戦後、火事になり困っていたら近所の鍛冶屋さんが作ってくれたものだとか。

町歩きをした際にこのタイプの(小庇を支える鉄)を古い蔵で見つけた。
古くさい?垢抜けない?そんなことより私にはキラキラして見えるのだ。
by studio-aula | 2011-11-15 23:38 | Comments(0)

作業する場所

そろそろプランを持って行かないと!
と思い出し以前の写真を見る。

既に懐かしい。
漬物したり農作業したりひなたぼっこする様な
場所も農家には必要だというので
創った物置と下屋

やはり重宝しているらしい。

c0116631_22361253.jpg

母屋は築50年以上経過しているだろうか?
解体する事は考えず今も残している。
これから二期工事で下屋で繋いでいく。


割り切れるのなら
簡単なこと。

しかし
人には思い出や割り切れない事がある。
減築や解体も容易い事ではないのが
人のこころ。
合理的とは相反するけれど
家と人を結ぶ思い出は
大切にしていくべきもの。
by studio-aula | 2011-11-14 22:20 | Comments(0)

減築とダブルスキン

c0116631_20463378.jpg


実家の母は一人ぐらし、
かつてお嫁に来た時には姑も舅も小姑も居て
8人家族でした。

それから時が過ぎて今はひとり
思い出が沢山つまった家の中で思い出を紐解くかのように
毎日探しものをしています。

私もひとりになる時はやってくるかもしれない。
その時に
沢山のこる山の様な荷物は私を支えてくれるのか?
それとも重荷となるのか?
実家を新築した頃は想像もつきませんでしたが
今は少しばかりそんな未来の事が
現実的に見えてきました。

大きな家でどうエネルギー効率と耐震性を考えて暮らしていくのか、
日本中で悩む人が増えています。
by studio-aula | 2011-11-13 20:51 | 広丘 リノベ | Comments(0)

位相する家

先日、豊丘村に行った際の写真
c0116631_1129297.jpg


玄関先の収納を柿渋和紙で製作
Welcome
by studio-aula | 2011-11-12 11:29 | Comments(0)

STUDIO.MiNX

こんなのも撮影してもらったのです!
ねぇ~あなた!
c0116631_2372832.jpg

モデルはさておき...
by studio-aula | 2011-11-10 23:07 | うちにわ そとにわ | Comments(0)

STUDIO・MiNX

STUDIO・MiNXさんに写真を撮影して頂きました。
照明を使って明るさを調整しているので外も綺麗に写ってます。
c0116631_2231763.jpg

by studio-aula | 2011-11-09 22:27 | うちにわ そとにわ | Comments(0)