長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:いろいろ( 66 )

エコキュート救助

大雪に見舞われ、各地が大変な事になっています。
エコキュートを使っている皆さん!
もし雪に埋もれていたら故障の原因になるので
エコキュートやエアコンの室外機の救助をお願いします!

週末のJIAの保存問題の大会が中止になり苦労した分がっかりした人が横に居ます。
長い時間をかけて構想された色々な行事も中止になり色々と報われなかった人も多かったと思いますが何よりも
やはりライフラインの大切さを思い知りました。
本当に食料の備蓄って大事。
色々ときづかされた週末でした。

今日も晴れて気温があがると良いんですが。
by studio-aula | 2014-02-18 09:47 | いろいろ | Comments(0)

保存問題

c0116631_11451105.jpg
JIA建築家協会の保存問題長野大会が開催されます。吉田がポスターや冊子などの制作担当になり日夜苦労していました。
今、ブームと言われるほど一般の人の中にも浸透している近代建築は、
明治、大正、昭和にかけて日本を支えた産業と共に生み出されました。
近代建築はその用途を超えて地域の歴史、文化、人々の暮らしなど様々な歴史を併せ持つ建築です。しかし高度成長期にその多くが取り壊され、また老朽化した建物はどれほど文化的価値のあったとしても、その多くが保存活動を経て解体され、新しく機能的かつ画一的な建築へと姿を変えています。

今週末 2月16日は「保存は未来への創造である」と題し藤森 照信先生の基調講演があります。興味のある方は是非ご参加ください。
場所:岡谷市カノラホール 13時より

個性的で凄く苦労して創られたという物語性と個性、手作り感など現代では創れないですけどそこがとても好きです。
by studio-aula | 2014-02-13 11:56 | いろいろ | Comments(0)

建築学会研修会

c0116631_09430604.jpg
建築学会の研修会に参加させて頂きました。
岐阜県にある老人福祉施設「もやいの家」 ディサービスも行う2ユニットグループホームです。
固定観念にとらわれず、よりヒューマンスケールで、介護者からの視点ではユニットというよりも、もっと臨機応変な空間の使い方と想像力により空間を生かしていくという施設の創り方を体感しました。

設計者の大建met平野氏からの解説もあり、グループホームという概念に捕らわれ過ぎず、様々な条件とプログラムを合わせた最適解によりつくりだされた場所は事業者と岐阜県担当者と設計者3者が目指した方向性「利用者の過ごしやすさと、もっと人間らしい暮らし」を探究する強い信念によって生まれた場所だと理解できました。

様々なソフト面から取り組みも工夫がされ、この日は1階大開口が設けられた広間で外部と直接繋がり、アニマルテラピーを行うべくわんさんが活躍していました。こんな場所が出来たら良いなぁ。

この後、大建metさんのコンテナ事務所を見学、懇親会まで参加させて頂き日常とは違う分野の専門家の先生方と交流し、多くの刺激を受け過ぎたのか風邪をひいて数日間寝込む事に・・
それにしても小さなコミュニティから大きなコミュニティまで、形にとらわれず最適解を導き出す、この手法が素晴らしく、地方都市でどの様な形を創っていけば良いのかまた、社会との繋がりや関わり方について私たちが目指すところが少しずつ見えてきた様に思います。

施設の皆様、関係者の皆様、貴重な機会を頂き本当にありがとうございました。


c0116631_09223929.jpg
c0116631_09191339.jpg
 
 

by studio-aula | 2014-02-04 09:46 | いろいろ | Comments(0)

あうら

c0116631_13374861.jpg
猫のあうらです。
6歳ですがキバが抜けました。
猫の住む家を得意とする設計事務所があり、猫の為に依頼者が殺到しているんだとか。
とんだ猫さまブームです。
うちの事務所は猫にも犬にも人間様にも優しい家を目指しています。
最近は幸せを呼ぶ家をつくる人達と言われます(笑)
あうら専務のご利益でしょうか?

by studio-aula | 2014-01-29 13:40 | いろいろ | Comments(0)

スワンガラナ

c0116631_14294842.jpg
長崎での法事にはいつも「スワンガラナ」が出ます。三ツ矢サイダーの様な位置づけで味はアップルタイザー。
最初はご当地ビールか?と思いましたが、実はご当地サイダーで南九州では一番人気の飲み物です。
昭和初期頃からの「スワン」のロゴ入り。

実家のある長崎の島原半島には今も「なぞ」が多い。

by studio-aula | 2014-01-28 14:35 | いろいろ | Comments(0)

長崎

c0116631_18112946.jpg
長崎に法事で帰省して来ました。
乗り継いだ博多駅では、信州との温度差約15℃・・・・汗が吹き出て、シャツで歩きまわりたいほど(歩いていた)です。
長崎駅前には世界(日本?)三大夜景の文字が!
世界・・には少し遠いかもしれませんが綺麗な夜景でした。


宿泊棟が3棟に分かれているホテル。
幸い夜の散策も楽しく感じる体感温度で異国情緒を楽しみました。

宿泊費が某温泉旅館と変わらないのに驚嘆の「おもてなし」
景観も建築も食事も最高でした。
遠くにある故郷も良いものです。


by studio-aula | 2014-01-27 18:16 | いろいろ | Comments(0)

資質向上セミナー

住まいの給付金は今後、消費税率8%か10%で工事請負契約をする方への給付金です。
↑詳細はこちらのHPにて確認してください。(所得制限があります)
c0116631_10375218.jpg

昨日は講習会へ
改正省エネルギー法による、低酸素住宅認定制度や住まい給付金などについてですが、今まで断熱性能はQ値(熱損失係数)で主に評価されていましたが、今後は外皮の熱性能と一次エネルギー消費量により評価されるという事です。

外皮の指標には夏は日射の遮熱、冬の寒冷地では日射取得が評価される形になり、より現実的な評価の指標になります。
例えば、設計事務所が得意とする変形した土地などで日射取得の為の工夫をする事も現実的な数値で評価されますし、又、断熱性が良い事が売りになる時代は終わり、全棟義務化という事になるわけで取得者からすればコストに跳ね返る事が頭の痛い問題です。

以前は信州環の住まいで低酸素住宅に近い評価を行い(CASBEE)補助金を頂いていましたが、よりゼロエネルギーに関して研究して行かねばならない時代です。来年度も信州環の住まいは継続という事なので、最初に金額はかかる事をお施主さんの理解が得られれば、適合する住宅に挑戦していくつもりです。

寒冷地でも冬でも温度差が無い快適な家にする事は断熱性能と換気を工夫すれば良いという以上に、もっとエネルギーを使わない方法を考えよ!とのお達しで、それも住宅分野からの年々増えているCO2排出量を減らさなければならない!日本の役割があるので義務化なのです。



by studio-aula | 2014-01-24 11:01 | いろいろ | Comments(0)
c0116631_19344745.jpg
建築士会の社会貢献委員会の一員なので調査に参加しています。
築200年近い民家や門屋などが見ることができ楽しい一日でした。
20年前の調査より解体された物件は今のところなし。松本の震災の際に壊れた蔵も大部分が補修されていて地区の人達が景観という意識を持ち暮らしていると感じます。
熱弁もあり、調査は楽しい勉強会の様です。


by studio-aula | 2014-01-16 19:38 | いろいろ | Comments(0)

幸せな老後

気がつけば、実家に大いにお世話になるお施主さんが多いスタジオアウラです。
生まれ育った場所とも限らないですが、
親のお世話になるという事は当然、そこには親の介護、老後の世話も視野に
近くに住むか、つかず離れず暮らす事を選択しているという事です。

現実を言えば幸せな老後は
人生を語る上で大きなウエイトを占めていますが、
まだ若い30代では
大きな声で語り合うことは
人生の節目くらいではないでしょうか?

だから家を建てる時は
大いに夫婦、子供、両親とで語りあってください。
業界で
一番困った客は?
=意志の疎通が出来ていない家族。
というデータがありますが何か納得です。

人は80代を迎えれば
4人に1人が認知症の症状を発症すると言われています。
長生きの宿命ですが
近くに居ればその発症リスクも小さくなるので
近くに住むのはとても良い選択ですよね。

今、家を建てる人のキーワードは「幸せな老後」正に実感中!
認知症状のある親をもつ私は特に感じています。
by studio-aula | 2014-01-08 18:32 | いろいろ | Comments(0)

今年のビジョン

c0116631_13503068.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年末年始は例年になくゆっくりお休みし
年末は挨拶まわり、そして年賀状で結婚の報告や新しい家族が増えたりと沢山の嬉しいニュースのお裾分けを噛みしめていました。

年初から客観的に自分をみつめる機会がありました。
大きな地球に包まれる様に私達は生きてる事を、日々の仕事に追われるとつい忘れてしまいますが
実はひとりひとり、ひとつひとつが小さくてもお互いが繋がり、何かしらの影響を与え合っているという事を忘れない様にしたいなと
感じます。

写真は年末に体験した安曇野のイルミネーション。
今年のビジョンは場をつくる仕事、もっと大勢の人と関わって作る事、それが出来るように自分たちの土台作りをする年にしたいです。

いつになく前向きにゆとりを持ち生きたい。
影響を与えられることは
物では無くて心でありたい。

漠然としてますがまずは精神性を高める事だろうと
感じた年始です。


by studio-aula | 2014-01-06 14:30 | いろいろ | Comments(0)