長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:緑を紡ぐ人の家(山形村)( 17 )

引き渡し後訪問

c0116631_09074635.jpg


今年の8月に引き渡しをした山形村のお宅にご挨拶
美味しいキュッシュを頂きました。モビールが薪ストーブの暖かな風でふわりふわり
幸せにあふれた家

施主さんの趣味のものが空間にピッタリ馴染んでます。




by studio-aula | 2013-11-26 09:08 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

竣工しました。

c0116631_16323689.jpg


山形村の「緑を紡ぐ人の家」竣工しました。

園芸農家さんです。2月の小屋の着工からはじまり住宅の完成まで傍らでお仕事をされながらの調整でご苦労も多かったと思いますが色々とありがとうございました。

外壁の一部と薪ストーブ界壁には昭和初期の小屋を解体した際に残しておいた土壁をトーワの社長さんより藁の入ったそのままの状態で塗って頂きました。

来年の蔵の補修を完了すれば一世一代の大仕事が完結します。最初、お話しさせて頂いた時から形になるまで時間も知恵も必要でしたが、振り返ればあっという間の出来事の様に思えてきます。


c0116631_16333439.jpg


これからも末永くよろしくお願いします。
by studio-aula | 2013-08-17 16:41 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

食べたい。

c0116631_18584643.jpg


山形村の「緑を紡ぐ人の家」もまもなく竣工です。
今日は設備の取付が進んでいました。

お隣の畑を見るとスイカがごろんごろん・・規格外か生産調整か?
どちらにしても食べたい!
スイカ大好物です。

下の人が特に。


c0116631_1954288.jpg

by studio-aula | 2013-08-05 19:02 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

9月まで

c0116631_9264364.jpg


内外部左官工事中です。
ちなみにシナ合板施主さん塗は頑張って仕上げてくれました。

不安定なお天気が続く中、現場も天候との戦いで調整が難しい事が多くなってますね。
こちらも毎日が日程との戦いで、全要望に応えるべく9月までの工事契約に向けて厳しい日程の中お休み返上で仕事しています。

9月はどうなることやら・・
この業界みな同じ気持ちでしょう。
by studio-aula | 2013-07-30 09:33 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

竣工近し2

山形村の「緑を紡ぐ人の家」
園芸農家の小屋と住宅が漸く竣工に近くなりました。

敷地の中の大きな蔵の補修も壁匠トーワさんの協力もあり
なんとか補修が出来そうな見込みです。

東に開いた居住スペースは敷地内の樹木に守られ、西に配置した水回りが良い緩衝帯になり
室内環境が快適に保たれてます。

c0116631_15115278.jpg


昨日は、辰野の「時を想う家」現場近くのお施主さんのご実家で打ち合わせ。
お施主さんは今、独立され自営業者になったばかり、
山形村のお施主さんには引き渡し予定日が悲願の赤ちゃんの予定日です。

人生の節目節目に立ち会う時、
人は様々な動機で働く事に生きがいを持ち、エネルギーが強くなったり
激しくなったり、少し混乱する事も時にあるかもしれませんが
全てを受け止めるのが「家」である様に願いつつ、そしてその場を創る事を実感します。

自分にとって創る意味とは?
入院して初めて考えた時、格好良いとか使いやすいとか
それも充分大切だけど、それに加え人の役に立つ仕事・・それが創る意味だと
改めて感じました。

やっと少しは無理も出来る様になりながら、辛かった日々は
忘れない様にしなかれば。

そして人に恵まれている事に感謝しています。
心からそう思います。
by studio-aula | 2013-07-22 15:19 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

山形村で工事中の住宅の敷地内にある蔵。昭和初期の建築の様ですが漆喰の仕上げはされていないので少し傷みがあります。

こうした蔵を補修する費用は負担が大きいので持ち主にとっては大変ですが新しいものと古いものが融合した空間はとても良いです。

c0116631_18441378.jpg

by studio-aula | 2013-07-04 18:44 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

庭へのぬけ

c0116631_10402165.jpg



床面積は予算の上で限られる場合でも、水回りからリビングへ向かって歩きながら
階段をぬけて緑が見えるようにして外との繋がりを大切にしています。

10年も前から家づくりを考えていたというお施主さん
紆余曲折ありましたが、
こうして安住の地を手にしてこれからも、飛躍していくことと思います。
by studio-aula | 2013-06-14 10:45 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)

なんじゃもんじゃ

c0116631_1043382.jpg


園芸農家のお施主さんにまたひとつ教えて頂きました!手前の白い花の咲く樹木は「なんじゃもんじゃ」という木なのだそうです。
由来は、日本の自生種ですが、ある限られた地域 、木曽川流域(愛知・岐阜)と対馬にしか自生しない落葉性の高木という分布が離れた飛び地にある変わった樹木です。
それで外の場所に植栽されても誰も木の名前がわからず「何の木じゃ」が「ナンジャモンジャ」になったらしい。とのことです。

花には雄の木と雌の木があり4つに裂けた白い花が健気でうっすらとその香りを漂わせています。
事務所では、なんじゃもんじゃ...むにゃむにゃ となった猫が私の横で寝てますよ~
by studio-aula | 2013-05-31 10:50 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)
「緑を紡ぐ人の家」はサッシ枠、木製建具枠廻りの造作中です。
平行して天井のシナ合板張りを行っています。
c0116631_2005013.jpg

by studio-aula | 2013-05-27 18:00 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)
「緑を紡ぐ人の家」(山形村)は大工さんの造作工事中です。
軒の深いバルコニーから東側の木々望めていい感じです。
c0116631_0353429.jpg

by studio-aula | 2013-05-21 00:41 | 緑を紡ぐ人の家 | Comments(0)