長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:プロセス( 34 )

北信から東信へ

朝、一番で事務所を出て牟礼村方面へ、初めての道ゆきは紅葉に見守られ楽しい旅路です。
帰りは小布施でお昼、そして佐久の現場へ長野県をぐるっとして事務所に戻りました。気分はプチ旅人。紅葉がこれほど美しい事は数年ぶりではないかな?と
感激する事ばかり続き、少し呆れ気味の人が一名います。
c0116631_18164111.jpg

by studio-aula | 2013-11-07 18:24 | プロセス | Comments(0)

人生が現れる

予算の大小は関係なく
家はその家族の人生が現れる場所だ。

普通の暮らし
あたたかな家も一つの人生だし

好きなものに特化した家もまたそう

職業を表現する場もある。
例えば、お店は生きてきた道、これから生きるであろう道を表現するし
住宅でも職域を生かし、これからのスキルアップのきっかけになる
場合も多々ある。

建築家の自邸はその良い例だ。
最初は小さくてもひとつの行為としての建築はその後の人生に
いずれも大きな意味を与えてくれる。

事務所開設より8年
より楽しみながら創る人が増えた。
さぁ~表現しましょう!
by studio-aula | 2013-10-29 11:53 | プロセス | Comments(0)

感謝されたこと

半年ほど前にある若い方が相談にみえました。
どこに行っても良い返事がもらえず、行き詰まっているとのこと。

ご夫婦で半泣きの状態で来られました。
元来、様々な条件に縛られ無謀だとは思いましたが
出来る限りの手を考えました。
考え尽くし結局計画はなくなってしまったのですが、
感謝の言葉を頂きました。

「この業界・・」

そんな事を以前ブログに書きました。

振り返れば上手く事が進んだかな?と心配になる事は今までも何度もありましたが、どうか色々に振り回されていませんように。返事がこない原因は銀行もHMもはっきりとは答えを言わない(金銭に係る)事がありますが例えネガティブでも答えを導き出した事で感謝されたから無駄ではなかった様に思う。
by studio-aula | 2013-08-28 18:16 | プロセス | Comments(0)

にんげんだもの

昨日はアウラに嬉しい報告がふたつも届きほっこり嬉しい気持ちになりました!
わたしもぼちぼち頑張ります!

今関わらせて頂いている、犬のシェルターゆめまるさんの所でも毎週、幸せになるわんこと
飼い主さんにさよなら~とされたわんこがいます。

これから狩猟の季節になると悲しいわんこが増えるとか。
にんげんだもの。自分勝手はしょうがないのかな?
いいえ!にんげんだもの小さな命にやさしくできるはずです。

私も少しでも助けになればと思い必要なものがある時は検索して買い物しています。 
ここから、(余計なお金は発生しません)   

ゆめまるHAPPY隊 

協力して頂いたお金はわんこさんの消耗品等に使われるそうです。
by studio-aula | 2013-07-31 12:18 | プロセス | Comments(0)

原村へ

久しぶりに原村へ

ファイルを見るともう7年のおつきあいになります。

360度のパノラマが広がる場所。

ゆっくりしたい場所ですね。

c0116631_1010640.jpg

by studio-aula | 2013-07-25 10:09 | プロセス | Comments(0)

地盤調査

池田町と松本市で地盤調査を行いました。
池田町の現場は2区画の分譲地のひとつです。北アルプスへの眺望が開けていた西側には既に平屋の住宅が建ち始め計画中の窓の位置を微調整することにしました。


開口を考える時は「まどかべかべ」で!
開口の位置や大きさは実際の敷地と違う場所で窓ばかり眺めているよりも窓は壁をどう切りとるか?残すのか?も重要ですが敷地と向き合っては持つ風景や空間に対するおおらかさが大切です。まどまどまどではなく、まどかべかべと両方考えてください!

この場所からこの景色が見えるはずだ、これが絶対という事は時間が流れている以上は普遍性と言えない事なのに、人は時に挑んでしまいます(自分も含め)
時間の流れが創る風景に寛容になる事を忘れない様にしないと。
どう頑張っても風景の美しさは時に一瞬で変わってしまいますから。

開口部は現場を見て空間を把握してバランスの中で風景の見え方から美しさを感じられるもの、全く異なる場所でどれだけ考えても時にお施主さんだけでは・・・逆に空間を壊してしまう事が事があります。

思考はシンプル一直線に!


実際、現場で設計で無理をしなくて良かったと思う事(お施主さんから言われること)は意外と多いので考えすぎた事を解決策とせず、よりシンプルが現場で一番良かったと思うことが多くあります。


c0116631_158474.jpg

by studio-aula | 2013-07-23 15:16 | プロセス | Comments(0)

育むコリドー

塩尻市で計画中の現場です。
昨年まで耕作されていたご実家の田を宅地にする為に
レベル測量を行いました。

盛土と土の入れ替えが必要になりますが、
早くからご相談頂いたので最初から転圧した砂利を敷きこむ事で
地盤改良など余計な費用も極力発生しないように計画できます。



c0116631_116492.jpg


最近、新聞広告も少なくなり消費税協奏曲も一息ついた様子です。
巷のお話では、今でしょ!と動いてみても借り入れが難しいと諦めるケースも多いとか。

家づくりは計画的に、一生に一度の事やはりじっくり考えましょう!
by studio-aula | 2013-06-05 11:07 | プロセス | Comments(0)

縁があって

家を建てる時にまず足を踏み入れるのは
広告で目にする機会の多い工務店さんへ。

まず、普通はそうなるようです。

でも設計事務所の場合、ホント時々思わぬ所から連絡下さります。
よくよく話を伺っていると施主OBさんが絡んでいる事が多いんですけど、
有難いことです。


昨日でオープンデスクは終わり
私たちにとって初めての受け入れでしたが、黙々と作業に取り組んでくれる姿に感心し
去って行くときには寂しくもあり、何かを少しでも掴んでくれたなら嬉しいと思うばかりで、
若い人って良いなぁと味をしめ
これからも積極的にオープンデスク受け入れます。
by studio-aula | 2013-04-05 09:04 | プロセス | Comments(0)

端をそろす

お施主さんの子供さん 
幼稚園生ですが、端をそろす指先が器用です。

c0116631_1781310.jpg

by studio-aula | 2012-12-06 17:06 | プロセス | Comments(0)

コートハウス

OPENHOUSEで東雲色の家のお施主さんに頂いたお花は赤とピンクを基調にした女性らしい色彩で猫も香りをクンクンして癒されています。

来年の計画では
「みちゆきのコートハウス」
「思草(しぐさ)のコートハウス」
「育むコリドー」
「それぞれの時、それぞれの庭」

と4つの形のコートハウスを考えています。
コートハウスといえば都市型住宅の手法の場合、内側に開き外から隠すように創りますが
内に向かう庭と田園風景、時に集落の中に存在するコートハウスですから、更にそこから外との向き合い方を突き詰めて考えていきます。

c0116631_1335135.jpg

by studio-aula | 2012-12-04 13:35 | プロセス | Comments(0)