長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:プロセス( 34 )

塩尻市でワークショップ

c0116631_13065408.jpg




c0116631_13141455.jpg
3年経過してようやく方向が見えてきました。
by studio-aula | 2017-02-01 13:16 | プロセス | Comments(0)

感動する事

アウラのブログを楽しみにしていてくれるお施主さんにはご無沙汰していました!
最近の出来事ですが、
日常の日々が慌ただしく過ぎていくとつい変化を求めてしまいます。

最近、旅に出ていないから感動が足りない?私のわがままで
そうだ!どこかに行ってみよう!などと話をしてみて
ふと見渡してみると日常の中にほど感動することはあるものです。

例えばオープンデスクの学生の純粋さ、模型にどれだけ時間がかかったのか?エネルギーを注ぎ込んだその時間、そしてものに宿る姿。
例えばお料理を出してくださったお馴染みのシェフの白髪を見つけた時や
情熱や純粋さなどいつも素直に感動していたいと思った日々でした。

私たちのお施主さんは質の良い暮らし、空間、そしてらしさを求め私たちの元に来てくださいます。私たちは夫婦で設計事務所を共同主宰し、お互いがどんなことを粋に感じ苦しくても歯を食いしばりそのあとの喜びを迎えるのかが共通しています。→だから一緒にやっていけてる。
やはり、打ち合わせで笑ってお金の話でも家でも笑ってそして現場でも笑っていられる仕事をしていきたいものです。そんなこんなで10年!笑う日が最近は多いなぁ。。


佐久市の「開く家」で引き渡しが終わりました。
事務所にお越しくださり2年。
言いたいことを言い合って良い関係が生まれたように思います。
そのおかげで
お施主さんらしい暮らしやすい家になりました。
また同じ敷地に住むご両親が時々心配される中、私たちをご理解くださり
ありがたく頼もしく感じました。

いろいろとありがとうございます。
そして
これからも末永くよろしくお願い致します。

c0116631_20540460.jpg
c0116631_20554084.jpg

by studio-aula | 2016-03-25 21:06 | プロセス | Comments(0)

敷地を見る

c0116631_09264443.jpg


敷地探しから関わり多くの敷地を見せて頂くと
ミニ開発と言われる分譲地は四角いのは良いけれど
何処をよりどころとすべきか難儀することがあります。

その一方で
楽しい家を建てたお施主さんの家を見て事務所を訪ねてくださった方ですが
やはりユニークで三角地帯?なぞの敷地と紆余曲折した結果
古い住まいのあった農家住宅を解体した跡の北アルプスの眺望に向かった敷地を見つけました。
ここで造成前から関わりゾーニングをイメージ、雨水枡の位置の検討などし現場に行く内に
ご近所さんから話しかけられたりして、この場所の良さを確信しました。

眺望を第一とする時には、もしも視界の抜けの前に家が建つ場合という課題とも向き合いながら
ゆっくりと計画していきます。

年初よりそんな時間を楽しみながら
何件か計画が進んでいます。

イメージだけ伝えてくださり形態など方向性はお任せでという時には
私たちの望む道筋とクライアントの目指す方法が合致する瞬間があれば計画は
一気に加速していきます。



by studio-aula | 2016-02-18 09:45 | プロセス | Comments(0)

県内各地

c0116631_09223004.jpg
今年は安曇野市の計画が数件
先週は安曇野市役所に時々来ていました。
Wifi繋がらず
塩尻の図書館えんぱーくののびのびした雰囲気は本当に素晴らしいと感じます。

c0116631_09214447.jpg
昨日は佐久市の現場から上田市をまわり長野市へ
建築家妹島和世さんの講演会を聴講させて頂いた後で本屋さんへ
専門書が少なくなっているのには本当に寂しさを感じます。

講演会では軽快さと彩やかさ
建築と環境
しくみとリノベーションまで
現代社会のテーマに添ったアプローチを見せて頂いた。

このまま進んで行こうと純粋に感じることが出来ました。


by studio-aula | 2016-02-17 09:28 | プロセス | Comments(0)

つくる意味


不思議なプロジェクト
つくる意味を考えること
エネルギーを集めていくこと


色々な転機になるような場が生まれる様に
敷地内に自生する榊にお願いしました。

c0116631_10002401.jpg

なんか不思議で面白いです。

by studio-aula | 2016-02-13 11:25 | プロセス | Comments(0)

ミミ

c0116631_10060943.jpg
♂ミミ
オレノ家だぜ!
案内をしていただいた後は木登りでドヤ顔
ほっこり。

土日とおかげさまで忙しくしておりました。
土曜日は安曇野へ
減築・リノベ・新築と時代共に移り変わる「住む」ことについて
考えて行かなければならないプロジェクトが始まります。

ミミも一緒です。

日曜日は佐久へ
上棟の目途のついた下越そよ風の家とゆっくり進んでいる開く家。
浅間山もしっかりと顔を見せた晴天の日でした。



by studio-aula | 2015-12-21 10:07 | プロセス | Comments(0)

2015.秋着工

塩尻市で見積もり依頼中
「庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯」
ご紹介で来て下さったご近所の建て替えです。

7人での暮らし。
アプローチから玄関まで既存の庭が垣間見れ、趣味のアクアリウムがホールを照らします。
そこを通ると完全二世帯に。
道路から繋がる低い庇と二つの位相するBOXが特徴の住宅です。
今年は切り妻屋根の落ち着いた形態の住宅が2件竣工し、その形態の中でも常にお施主さんやStudio aulaの個性を意識したつもりです。
住宅では、住むお施主さんの細部にわたる志向性を聞き取りながら、どう自分たちの個性をだしていこうかと考えるのですが、今年はシンプルな住宅、落ち着いた形態の住宅のどちらにもそれぞれの良さがでていると思います。

c0116631_11274597.jpg
着工準備中
若いご夫婦の暮らす長いアプローチのある
「月の間の家」
ストレートにアプローチを行くよりもあえて陰から、長いアプローチを計画する。
自然を意識して敷地との関係性を考えた時にみちゆきに情緒的なスペースを創りました。

c0116631_11273819.jpg
by studio-aula | 2015-12-06 11:33 | プロセス | Comments(0)
c0116631_1492624.jpg


事務所を開設して初めて問い合わせをいただいたお施主さん。
茅野市のMさん
光が舞うように遊ぶ子供たち、お兄ちゃんは中学生となり将来の進路を考える年代になり声変わりも....
下の双子くんは小学校6年生で研究熱心で主張もしっかりできている。そこでひと続きだったスペースはそれぞれの間仕切りをつけることになり夕べ何度目かの打ち合わせ、そしてヘルシーな夕飯をごちそうになりました。

私たちが住宅を設計させて頂いて幸福感や達成感を感じる時は正にそんな時間です。
どんな立派な構想を練っていてもそこに暮らしやひとが居なければ何もおこらない。
その場所でどう地域とつながりどんな人生を歩いていくのか。それと向き合って実感した時にこそ私たちが仕事に取り組んだ意味があるというものです。

改めてひとそして会話を通してつくることを大切にしていきたいと思った時間です。
by studio-aula | 2015-09-08 14:17 | プロセス | Comments(0)

計画中

c0116631_13280342.jpg

佐久市で母屋のお隣に計画中。
ご両親との関係性を整理し、母屋と向き合い子供たちが行ったり来たり
畑を介して遊べるよう計画を練り直しました。
東の畑と西の幼稚園の庭に抜く大きな開口部を設ける事は
お施主さんの夢。
2階は吹き抜けをぐるっと子供スペースが囲んでいます。
3人の元気な子供達の遊ぶ場所も沢山ある住宅は来春、農転後に着工予定です。

by studio-aula | 2014-11-08 13:32 | プロセス | Comments(0)

茅野の家(仮称)計画中

c0116631_12452567.jpg
茅野市で計画中の住宅です。
農転申請の前に、敷地内に時効譲渡という難解な場所があり
来春の着工で進んでいます。
土地の件は造成地はすんなり運ぶものの、集落ののんびりとした敷地では
色々とありますがともあれ繋がりの専門家集団で解決!
複雑な問題も一歩ずつ進んでお施主さん共々、ほっと一息ついています。

高遠はまだかなぁ~と
こちらも心配。
何事も一歩ずつ!


by studio-aula | 2014-10-28 12:49 | プロセス | Comments(0)