長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:てふてふの家(安曇野市)( 9 )

竣工しました。


c0116631_1482291.jpg


安曇野市の「てふてふの家」竣工しました。


Reborn
人生で何度かは生まれ変わる様な体験をすることに出あうものだと思いますが
3月14日は結婚記念日であり、事務所開設日であり今年はまたReborn
そんな日でもありました。

がむしゃらに出来るところまで行こう!と思っても
二人の力では知れてます。

若い力よ 来たれ!
by studio-aula | 2013-03-18 14:03 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)
「てふてふの家」(安曇野市)は一時の暖かい日に外壁の下塗りが終わりました。
これで10日ほど養生して中塗り、仕上げになります。
内部は造作工事があと少しで完了し、塗装工事→内装工事へと入っていきます。

c0116631_12165514.jpg


今朝から雪ですが、早く穏やかな天気になって貰いたいですね。
by studio-aula | 2013-02-06 12:17 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)
「てふてふの家」(安曇野市)の左官屋さんがモルタルの防水紙とラス網を施工中です。
この時期に来ると外壁の色も決まり工事も終盤となりますが、
精悍な黒色も良く見えてきます。

c0116631_12235219.jpg

by studio-aula | 2013-01-30 18:17 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)

現場打ち合わせ

安曇野市の現場
木工事中です。
c0116631_13541318.jpg
大工さんのお菓子をぼりぼり・・
by studio-aula | 2013-01-27 13:54 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)

上棟しました。

最近更新が滞っていますが現場も計画も進んでいます。

安曇野市「てふてふの家」上棟し屋根、木工事中です。
c0116631_17294216.jpg

by studio-aula | 2012-11-20 17:30 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)
少し肌寒い秋空の中、「てふてふの家」(安曇野市)は土台敷き開始しました。

身体を動かす大工さんにとっては丁度良い気候かもしれませんね。

東西に抜ける景色を設計に取り込み、南の閉塞感を和らげる計画としました。

週末にはいよいよ上棟します。
c0116631_2385388.jpg

by studio-aula | 2012-10-26 02:39 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)

地鎮祭

c0116631_12314142.jpg


大安のよき日に安曇野市「てふてふの家」地鎮祭を行いました。


c0116631_12322179.jpg


今日はすっきりと空が晴れ!
もやもやしていた事も解決し本当に良かったです。

今日の打ち合わせは塩尻のご両親の土地に計画する
コートハウスですが
本当に原点回帰の計画が増えてきました。
by studio-aula | 2012-09-15 12:39 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)

てふてふの家

安曇野市で9月着工予定の家の名前を
「てふてふの家」にしました。

双子の三才になる女の子が可愛らしくて良く遊ぶ姿をみて
名前が浮かんだんですがその話をしたところご主人が偶然にも蝶オタク(少し)
のようで決定!となりました。

地盤調査の結果も良く
安心して実施設計中です。

昨年まで分譲地の土地探しという計画が多かった私達の事務所、
今年契約の計画は
中古購入
親の所有地
親の家の敷地内
またまた親の家の敷地内と
いう計画が続いています。

これは私達の創り方が変化して来たのか、日本人の住む場所に対する有り方が変化してきたのか
おそらく両方?と日々感じています。

親孝行は親が居るうちは気がつかないけれど大切なことです。

今日から製図勉強、精神力が試されるという.........
c0116631_10124797.jpg

by studio-aula | 2012-07-30 10:13 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(2)

計画中

9月着工予定の安曇野市の住宅
「光をめぐる家(仮称)」の計画が順調に進み、詳細に入っています。

双子の女の子のいるご家族の住む家です。
スクリーンの様に生活のシーンを切取る開口、ゆるやかな部屋と部屋との境界、
そして隣地との境界に景色を切取る開口を設けました。

ここまで計画を練り上げて来るとぼんやりしていたものが
はっきりと見えて来ました。
景色を取り込みながら緩やかに閉ざす事がテーマの様な気がします。

c0116631_22302627.jpg

by studio-aula | 2012-06-03 15:21 | てふてふの家(安曇野市) | Comments(0)