長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

手で練れ


c0116631_19094460.jpg
マンションリノベ―ション  ・・腱鞘炎で

シーラーから6回重ねて自分でも久しぶりに抽象を描いた気持ちに。
若者がいてくれてよかった夏です。

「二世帯の」庭との関係性などを確認するために1/50の内部を製作
手が震えてうまく切れないな・・と思いながらスタディする楽しさ、大切さを実感する時間


今年の夏はハード過ぎ 二人ともやつれました?という声もすこし・・
食べることも寝ることも中途半端な日常がもはや当たり前ですが
若くないので秋は少しゆっくり考える時間を創ろうと思います。

思考と手の動きを一致させることで見えてくる何かを信じて
この半年で私たちどれほど打たれ強くなってきたんでしょうか。

一昨年と比べれば甘さが抜けたというか能天気ではいられない!という状態になっています。

思考とディティールそして
大胆に先を考え原点に立ち返るその「何か」を常に意識していけばぶれないはずが、デティ―ルに拘りすぎると見えなくなるものがあり
人生には明るさと暗さがあるのが宿命であるのだから、楽しさも苦しさも乗り越える両面から家は寄り添う場所であるはず。

避けて来たことが実は一番重要だったり、避けていたために亀裂が入ることもあります。
しかし雨降って地固まるという通り
子供を叱ったり、お互いとことん言いあったりそんな時間を今までもこれからも共有していきましょう。

今年のハードさは正に修行か?来年まで続く様子です。
しかし生きている実感あり〼。





c0116631_10004651.jpg

by studio-aula | 2017-08-21 10:08 | いろいろ | Comments(0)