長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

左官工事中

c0116631_14250646.jpg
松本市の住宅
3月末 竣工予定です。

# by studio-aula | 2017-02-26 14:26 | O-Relateives | Comments(0)
安曇野市の大規模リノベーションも木工事が進んで来ました。


c0116631_11221728.jpg

南からの開口を設けた事で
暖かく、明るいキッチンが実現しました。

2列型のキッチンはとても開放的でしかも機能的になり
使いやすそうです。
ランバーで大工さん造作キッチンです。


c0116631_11265985.jpg


# by studio-aula | 2017-02-24 11:29 | EPISODE-M(リノベ)安曇野市 | Comments(0)

増築工事

c0116631_11200233.jpg
池田町の生まれる家の増築工事
予定通りに3月中旬で完成しそうです。
# by studio-aula | 2017-02-24 11:21 | Comments(0)

備えるコートハウス


c0116631_11132425.jpg
約2か月の長い基礎工事期間が終わり上棟に向けて土台敷きがはじまりました。
松本市の平屋のコートハウスです。

# by studio-aula | 2017-02-24 11:15 | Comments(0)

HOUSE-HUU

c0116631_11081245.jpg
昨年より計画していたHOUSE-HUU
平屋の住宅が安曇野で着工準備中です。


# by studio-aula | 2017-02-24 11:09 | Comments(0)

材料検査

c0116631_18525562.jpg
池田町まで小さな増築の木材検査に行きました。

4月着工、秋着工打ち合わせ現場、ワークショップと多様な仕事で楽しい毎日を過ごしています。






# by studio-aula | 2017-02-07 19:03 | Comments(0)

塩尻市でワークショップ

c0116631_13065408.jpg




c0116631_13141455.jpg
3年経過してようやく方向が見えてきました。
# by studio-aula | 2017-02-01 13:16 | プロセス | Comments(0)

佇まい

c0116631_12581950.jpg
昨日は安曇野で大規模リノベーションの現場に。
ご相談を頂きご近所に伺うとやはり解体途中のスケルトン状態が大きな話題になっていたとのことでした。

築70年の民家の骨組みは何度も改築を繰り返し柱のほぞが大きく欠損していたり、柱に見えていたものが途中で切られていたり
大変な状態になっていました。

それから基礎を打ち、骨組みを補強し新しい構造をつなぎようやく進んできました。
2月末には木工事も終盤になり仕上げも進むと蘇った家の全体像が見えてきます。

# by studio-aula | 2017-02-01 13:05 | EPISODE-M(リノベ)安曇野市 | Comments(0)

木材検査

c0116631_09381694.jpg
松本市の備えるコートハウスの木材検査に喬木村まで行きました。
公私共に何かが少しずつ変化していく3月
地道に働くことを忘れないように、徐々に進んでいる実感が沸いています。

# by studio-aula | 2017-01-31 09:40 | Comments(0)

寒さが厳しい

ノロウィルスやインフルエンザなど流行し、日程の変更なども多くなっています。
外から帰宅したらうがいと手洗いを慣行しています。

1月もあっという間に過ぎてしまいましたが、基礎工事、リノベ木工事、松本駅前の美容室の小さなリノベなどはじまった1月でした。
同時に小さなパブリックの計画が本格的に動き出し若い力と協働しながら進んでいます。
パブリックはその場所の持つ意味と使う人、その波及力を同時に考えて進めていますがスケジュールがタイトであることが課題です。

2月も引き続き着工を控え気の抜けない時期になりますが、落ち着いて進めていきたいと思います。

c0116631_09132033.jpg
池田町で2013年に新築を設計させていただいた住宅へ家族構成が変化することになり増築工事。
1月早々に着工し基礎の配筋検査を行いました。
6畳間を母屋と土間で繋ぎます。3月完成予定


c0116631_08545748.jpg
松本市の「備えるコートハウス」
c0116631_08553529.jpg
安曇野の「EPISODE-M」大規模リノベーション
c0116631_08561882.jpg
松本市の小さなリノベ
# by studio-aula | 2017-01-26 09:05 | いろいろ | Comments(0)
本年もよろしくお願いいたします。
30日まで打ち合わせ、また新しい年も3日より松本駅前にてリノベーションの打ち合わせをさせて頂きました。

また新しい気持ちで
深く状況を読み建築に生かし進んで行きたいと思います。
c0116631_11145393.jpg
4月着工予定の敷地より
何度も方向性を確認しつつ、やはり間違っていないことを再確認





# by studio-aula | 2017-01-06 11:15 | Comments(0)
c0116631_12435364.jpg
昨日まで仕事で北信に行っていました。
質の良い住宅の設計監理を行うことができた今年はまちづくりやリノベーション、文化をつくる、NPOさんとの仕事など私たちの職域を地域貢献につなげる仕事のはじまる年となった気がします。

建築以外でも「ミモザ」を通してセミナーやイベントを開催「今様」という塩尻のぶどうを使ったワインビネガーが世に出るスペースとなり他にも来年も引き続き、ミモザから様々なことが
世の中に産まれていくと思います。

媒体が報じなくてもお知らせしなくても広がっていく人のつながる塩尻や長野県で暮らす意味を体感していく来年にしていきたいと思います。本年は本当にありがとうございました。

# by studio-aula | 2016-12-31 12:44 | Comments(0)

外壁

築70年の大規模リノベーション
大工さんが苦労して施工していた構造の繋ぎや下地調整が進み形が見えてきました。
断熱材の施工、床張り、外壁の下目板張りを行っています。

解体せずに残した通し間と回廊には鉄筋を入れて基礎を打ち、木構造を二重にするフレームを創り、従来の構造としっかりボルトで繋いでいます。
2階の小屋組は手作業で作られたトラスが連続し丸太張りも大きな材であったので、断熱材を張りあげても古い手仕事の残る躯体を現しにしています。

回廊からの見通しと庭を見る度にリノベーションを行った意味を見出しています。ようやく外部が囲まれたことで断熱改修も実感し薪ストーブも設置する日を楽しみに進んでいます。

c0116631_11002391.jpg
 

アプローチ側からの視界には田園風景が広がりますが、アプローチとの動線の確保を考えてリビングからの開口をコーナー窓にすることで視界を確保し生活空間が丸見えとならない様に考えました。

農家住宅ならではの生活に即した建物の配置、風景に溶け込む切妻屋根の形は更に磨き直し、残し記憶に風景として刻まれていくことを考え設計しました。

そこにひとつ、エントランスのキャノピーは片流れの屋根、土間に差し込むように新しい空間として認識できるように考えました。私たちの「古いものと新しい世代の調和」という考えを、そのまま形態としています。
c0116631_11005271.jpg


# by studio-aula | 2016-12-28 11:07 | EPISODE-M(リノベ)安曇野市 | Comments(0)

着工しました。

c0116631_11253698.jpg
松本市で「備えるコートハウス」着工しました。
一部2階案から平屋に。
その過程で季節ごとの光の入り方や断熱のあり方、住み方など沢山の検討を繰り返し、殆どを取りやめることなく積み重ねたものが形になる喜びを感じます。

ひとつのテーマに向けて、いよいよ工事がはじまります。
c0116631_10584601.jpg
c0116631_19302031.jpg

# by studio-aula | 2016-12-28 09:21 | Comments(0)

伊勢神宮

人の世界、欲にあたりぎみ。
伊勢神宮に来ています。
これでまた頑張れます。
より良くしたい事しか考えられないが、久しぶりに、ただただ解放される時間を楽しみ、清くなって帰ります。
c0116631_23521060.jpg
c0116631_23524851.jpg

# by studio-aula | 2016-12-21 23:51 | Comments(0)