長野県の建築設計事務所 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

共という意識

昨日の続きです。
敷地の横が学校という環境の中にあり道路に沿った長い敷地は道と学校と挟まれる形でした。
生活スペースを守る様に庭を隠す塀を建物と連続させ、また玄関をリビングとの間に土間として考えました。

道路に沿った塀には開口を設けたベンチを設置し、当初はご近所の手押し車の年配の方に使ってもらえればと考えたものです。
その後、今は違う年配の方が散歩の帰りに使ってくださるそうでコンセプトも生きていました。

こんな時ほんとこの家を設計して良かったと感じます!!
最高に幸せです!

裏も表もなく、道路であっても気持ちよく日常を過ごして貰えればみんなが幸せです。
住宅は個人の資金で建てられますが、まちにあっては共=みんなの景観です。
「ミンナノハコニワ」はそんな気持ちで設計しお施主さんもそれに応えてくれて寛容にそして庭を育て地域の環境をほっとする場所にしてくれていました!
本当にうれしいですね!



c0116631_09095041.jpg




c0116631_09040539.jpg




c0116631_09035309.jpg




c0116631_09034104.jpg
  




c0116631_09032759.jpg

# by studio-aula | 2017-07-06 09:20 | Comments(0)

小さなオープンハウス

c0116631_16140239.jpg







c0116631_16141313.jpg
とある日曜日に引き渡し後5年経過した「ミンナノハコニワ」さんへ今度着工する「凪の家」のお施主さんをお連れしました!
最近はオープンハウスを開催せず(クローズではご案内しています)にいるので
家族構成も家の面積や素材も近く住まい方の参考になったら嬉しいなとの動機でしたが、双方のご家族に本当に喜んでいただけた様子です。

また、若い世代の予算で建築した床面積28坪~29坪の家での豊かな暮らしと庭や丁寧な拘りの日常を感じていただけたようです。
また多様なお施主さんも増えて来たので公私共にいろいろな場面で活躍し、繋がってもらっていますが完成してからもそれは私たちの大きな財産ですね。








# by studio-aula | 2017-07-05 16:25 | Comments(0)

見えない部分

c0116631_12245895.jpg
今もこの通りで見かけて事務所に来てくださる方がいます。
私たちの財産 クライアントさんです。

高低差のある敷地では基礎も擁壁も必要になり見えない部分に予算がかかります。
こうした場所は一度施工すれば長く家を支える土台となっていきます。
c0116631_12243303.jpg

話は変わりますが
景観賞を頂いたときに一番評価されたのは裏まで美しいと評価されたことでした。
もう5年前になりますが表から見えない給湯機も格子で隠し室外機の水平垂直も気を配りどこから見ても景観に配慮した家はお施主さんの協力があってのことでした。
良いクライアントとの出会いがあり良い家が建ち本当に今も誇りに感じています。





# by studio-aula | 2017-07-05 12:12 | いろいろ | Comments(0)

NENRINDO

c0116631_13175531.jpg



c0116631_13173775.jpg
創業30年の色々を刷新しています。
アスファルトを剥ぎ緑をいれて外と繋がるテラスをつくります。
沢山の人とのコラボでお店が出来ていくプロセスが楽しい仕事です。



# by studio-aula | 2017-07-04 13:24 | いろいろ | Comments(0)
c0116631_10230412.jpg
塩尻の多世帯+店舗で大工さん参加の素晴らしい基礎が完成しました!
来週から土台敷きがはじまります。
今回は久しぶりにお餅まきがあります。
7月下旬の上棟式が楽しみです。是非ご近所の方はいらしてください。
# by studio-aula | 2017-07-01 10:25 | HOUSE-ICHIKO | Comments(0)

リノベーション

c0116631_11402682.jpg
広丘のリノベーション工事
無垢の木の床と木の建具
外部に少しグリーンを植えたテラスが出来ます。

今までの店と違うところは開放感
通りかかってお店に入ろうかという気持ちになる飲食店
地域と寄り添い地域に開いたお店
緑が少なく駐車場が目立つからっとした雰囲気の広丘駅前ですが、緑に囲まれたスペースが生まれますよ。

# by studio-aula | 2017-06-29 11:43 | いろいろ | Comments(0)

外壁左官 打ち合わせ

昨日は朝から地震があり、本当にびっくりしました。
備えようと考えていても実のところは毎日の暮らしに追われてしまい後回しになっています。

備えるコートハウスは
太陽光だけでなく蓄電池も備えた平家の住宅です。
いざという時どこの電源を生かすのか検討しました。

私たちも水を備える
揺れが来たら浴室に逃げる
猫用のキャリーバックを3匹用準備しないといけないな!と思いました。
いつの間にか3匹
縁あって3匹、避妊やワクチンなどはきちんとやっていますがいつの間にか(よそから来てしまい)..
でも癒されています。
仕事はお邪魔してくれますが。

備えるコートハウスの
外壁はモルタルの上に描き落とし
いつもよりひと手間かかる仕上げ。

シンプルな外観が際立つように
テクスチャーを生かし
奥行き感のある外観となる様に思案中です。
c0116631_11012704.jpg
# by studio-aula | 2017-06-26 11:16 | 備えるコートハウス | Comments(0)

木工事中

c0116631_13243601.jpg

内外をつなぐ空間
庭の打ち合わせも行いました。
お施主さんが柿渋もDIYしています。

# by studio-aula | 2017-06-23 13:26 | HOUSE-HUU | Comments(0)

木工事中

c0116631_13220376.jpg
下地の組まれたリビングとキム兄(大工さん)

今年、この時期職人さんが忙しくリノベーション工事はほとんど自分手配という事になり消防法の確認をしたり職人探しから材料仕入れから見積もり依頼までいろいろなことをやっています。

その中で市街化調整区域内の着工予定もあり都市計画法60条申請や43条など法律と関わることも多くあります。

何度も役所に通い書類を準備している中で未だに不動産業界の不透明さを目にします。

私たちは建築業界にとって町医者の様なもの、小さな問題から大きな問題まで、どんな困った状況でも法を順守しながら打破する方法はあります。

土地を取得する際にはまめな不動産屋さんをお勧めします。そして土地決済の支払いは必要書類を手に入れてからにしましょう!




# by studio-aula | 2017-06-23 13:23 | 備えるコートハウス | Comments(0)
c0116631_12343791.jpg
とても丁寧にやってくれたとの事でほっとしました。
# by studio-aula | 2017-06-23 13:19 | 薫風の二世帯 | Comments(0)

解体中

c0116631_09503475.jpg
辰野町で二世帯住宅着工に向けて解体中
蔵と平屋の通し間は残し母屋の解体のため
複雑な作業がありますが建設会社さんの管理の下今日も作業が続きます。

ありがとうございます。

# by studio-aula | 2017-06-13 09:52 | 薫風の二世帯 | Comments(0)

コートがあらわれる

c0116631_09442349.jpg
ブルーシートが外されてコートへの開口が現れました。
大スパンで構成した間口のあるリビングから水回りの回廊と生活スペースまで程よい距離感があります。
こちらも着工から5か月そして竣工は8月という長丁場の中で
工務店さんには複雑な構成と収まりで苦労して頂きお施主さんにはご理解を頂き本当にありがとうございます。


# by studio-aula | 2017-06-13 09:48 | 備えるコートハウス | Comments(0)

基礎コンクリート打ち

c0116631_09404049.jpg
広丘の多世帯+店舗併用住宅
ご要望も多く、店舗も併用のためひとつひとつに手間がかかってます。
複雑な形態を計画、設計してもそれに応えてくれる基礎やさん、工務店さんがいればこそ!成り立つ私たちの仕事です。
本当にありがたいです。
7月の上棟に向けて進んでいます。

# by studio-aula | 2017-06-13 09:43 | HOUSE-ICHIKO | Comments(0)

nen rin do




c0116631_12023802.jpg
SA+T 共同設計で塩尻市広丘で店舗のリノベーションがはじまります。
事業継承という計画で資金計画、看板、お店のコンセプトまでプロデュースから設計デザインまでまちづくりで出会った繋がりを生かして進めてきました。

近くのお店と関わることで地域課題や未来について考えました。
楽しいお店に生まれ変わります。
これから一か月・・厳しいながらも楽しみです!


# by studio-aula | 2017-06-12 12:06 | いろいろ | Comments(0)

残す意味


c0116631_17285213.jpg
建替えた方が早い
何度もそんな声を聞き、私たちも確かにそう考えました。
築90年の家は、古い木材を転用され幾度も改築を繰り返された跡があり2階は木の建具で畳も古く使われていない状態が長く
構造的にもかなりの補強が必要でした。

そこに暮らし始めた20代の夫婦
残すのか新築か
でも何となく残したいけれど・・こうした相談から始まった物語は安曇野のこの地区の多くの子供が育まれた場所という歴史や
女性でありながら戦前から手に職業を持ち歩いてきた先人の思いの伝わる手記の発見や手紙など今の時代にあってももっと強く生きていこうと力をもらえた仕事になりました。


古い納屋や外トイレ下屋などの減築と新しい構造をつくり
基礎と柱を古い躯体と繫ぎ二重構造にし下屋に守られた通し間が記憶をつなぎます。


土地の使い方や庭との関係
周囲の風景が変わっても新しい場所は出来ても
残り続ける場所があるということの意味を深く強く感じています。

お施主さん、そして工務店さんには粘り強く関わっていただけたことに感謝の言葉しかありません。
そして見たことはないけれど、力を与えてくれたかつての建て主さんに
ありがとうと言いたい気持ちです。



# by studio-aula | 2017-06-09 17:40 | EPISODE-M(リノベ)安曇野市 | Comments(0)