長野県の建築設計事務所です。 吉田 満+保科 京子


by studio-aula
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
c0116631_17523987.jpg
松本市で来年着工予定のTTの平屋
スタイロフォームのブロック模型でボリュームとスケールの確認、開口や見え方、背景には北アルプスが見える(はず)
店舗併用になるため駐車スペースも確認。
市道と歩道の間のブロックも敷地調査し、来週市役所へ交渉に行って来ます。



# by studio-aula | 2016-08-26 17:55 | Comments(0)

模型完成

c0116631_10584601.jpg
一週間で完成度の高い模型が出来上がりました。
オープンデスクは建築を学ぶ学生にとっても小さな事務所にとっても
メリットがあります。
なるべく学生の今後の糧になる様に真剣に向き合っています。
敷地に対しての考え方や模型のバリエーションを増やしたり、感じたことを素直にやりとりしながら完成度をあげるべく要求を細部まで行います。



# by studio-aula | 2016-08-25 11:03 | Comments(0)

観葉植物が元気

c0116631_19290184.jpg



c0116631_19291385.jpg


10年経過したモンステラは株分けをして、7個になり、変わった多肉植物を育ててみようと思い立ち手にしてみれば水やりが1か月に一度とかでびっくり。
ただ日向が好きな植物と日影が好きな植物はそれなりの居場所に置かなては、やはり枯れてしまいます。



不思議なもので、なんとなくぎこちなかった私達の4層スキップフロアでの暮らしが10年経過してみたら
この事務所のあり様は自分たちの身の丈にあった暮らしそのものの様に感じます。これからの10年もこのスペースで暮らせるように朝の運動、野菜中心の生活、血圧も体調も万全に少々太り気味ではありますが、
この生活を出来る限りこのスキップフロアの事務所で数十年、続けていきたいと思っています。

間仕切りのない小さな家と事務所はスキップフロアで行ったり来たり好きなもの、本、植物で雑然ともしてますが本当に居心地の良いスペースです。
猫もきままにあそび、好きな場所で寛いでいる姿がどこからでも見えるし猫たちが私を見つけて一目散に駆け寄ってくる、そして柱を昇って目くらまししていく。
こんな楽しい生活があるなんて、小さな頃に暮らした田の字の家では想像もつきませんでした。

改めて空間の遊びを受け止める力を人は持っていると思います。





# by studio-aula | 2016-08-24 19:07 | Comments(0)

スタディ



c0116631_15575078.jpg
松本市で計画中の平屋です。
オープンデスクの学生制作 スタディ模型

平屋に暮らすメリットは外との付き合い方が濃密になることです。
敷地全体を取り込み、閉じられたスペースと開かれる場所を想定し
周辺調査を行いました。

隣の住宅の窓の位置、庭との関係、設備や四季折々の光と風の方向についても周辺模型を創れば綿密に検討できます。
南の家の北開口はコートハウスに暮らしてみるととても気になるものです。
庇の高さ、樹木、格子、その他の方法でロールスクリーンを下さずに暮らすことを想定し検討していきます。



# by studio-aula | 2016-08-22 16:08 | 平屋 | Comments(0)

お盆やすみ

お盆休みは実家で新盆を済ませて京都に寄って帰って来ました。
旧友と再会し大原の友人宅へ宿泊
夜遅くまで楽しい時間を過ごしてきました。

波板DIYで創られたCaféから、アングラ居酒屋、下鴨神社の古本市まで
そして修学旅行以来の三十三間堂も堪能し多種多様な京都を満喫できました。

それにしても、「塩尻」に居ると迷う事ばかりの真面目な私達ですが、ゆっくりと生活を楽しみながら暮らす
そして自分で作ってみる~というそんな暮らしも良いものです。

資本主義に生きる時代の過渡期にあって、価値観を見直しながらどう生きていくのが良いのか?
少しだけ解った気がします。
ともあれ人生では常に迷うことが価値のある事と実感し、仕事では迷わず
日々楽しく進んでいきます。

今年は友人からのお仕事や呼びかけも貰うので楽しい人に逢うことをもっと増やしていきたいなぁ~


c0116631_10593641.jpg
c0116631_10590245.jpg


# by studio-aula | 2016-08-17 11:09 | いろいろ | Comments(0)

モダンリビング

雑誌MODERNLIVINGに外壁塗料メーカー

プラネットカラーさんの広告として武川の家が掲載されています。

是非ご覧になってみてください。


c0116631_08103084.jpg


# by studio-aula | 2016-08-11 08:10 | Comments(0)

真夏の地鎮祭

c0116631_12043328.jpg
1年半前より打ち合わせを重ねてきました佐久市の住宅の地鎮祭を行いました。
晴天の中、何とか猛暑も乗り越え
漸く一歩進みます。

お施主さん本当におめでとうございます!


# by studio-aula | 2016-08-09 12:06 | Comments(0)

竣工しました。

c0116631_08575693.jpg
日曜日のオープンハウスにお越し頂きましてありがとうございました。
無事に竣工しました。

暑くて天候不安定な日々が続きますが頃合いを見て
朝、健康寿命増進のために家のご近所を歩いています。

# by studio-aula | 2016-08-04 09:00 | 庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯 | Comments(0)

c0116631_09371746.jpg
風が抜けて行く二階のバルコニーにはハンモックを設置する予定です。



c0116631_09373274.jpg
腕の良い職人さんは何時も忙しく、現場も最後まで抜けられません。
アプローチからのエントランスには透明ガラスを両袖に設置し奥の抜けた庭やアクアリウムが道からも垣間見えます。
住宅街にありながら二区画という広い敷地。
以前の家は一区画ごと母屋と離れがあり、繋がりがありませんでしたが、新しい住宅は一階はエントランスで、2階はバルコニーで繋がり
デッキや開口を通して庭を共有する、つかず離れずの関係性を大切にしました。
こうして広い敷地で暮らすことが出来るのもご両親や祖父母と一緒だから・・
最近は大家族での暮らしも見直されて来ていますね。

# by studio-aula | 2016-07-27 09:45 | 庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯 | Comments(0)

燻煙ナイト

c0116631_09141288.jpg



c0116631_09142522.jpg
は?なに?



塩尻大門で30日に玄蕃まつりというお祭りがあり
その日、庭で燻煙ナイトをしようかと試しにチーズ、ゆで卵、鶏肉をサクラチップで燻してみました。
もちろん外でやってみたものの数日間は事務所の内部まで何とも言い難い香りに包まれ~でも
燻したことで味の深みが出ますしビールやワインのおつまみには持って来いです!



# by studio-aula | 2016-07-23 09:12 | 塩尻のこと | Comments(0)

二世帯住宅

c0116631_06570332.jpg
最近の傾向は親世帯の横に子世帯を新築
または二世帯住宅(縁側を配置するなど双方が住まい易い工夫)が増えていると聞きます。

写真は5年前に竣工した岡谷市の二世帯住宅です。
エントランスと水回りを一緒に使いますが、2階にトイレとミニキッチンを配置しました。
c0116631_07052890.jpg





c0116631_07055706.jpg
エントランスの正面に配置したドウダンつつじは元々のご実家から移植し裏には板塀を設置しています。


# by studio-aula | 2016-07-22 07:08 | Comments(0)

親世帯の隣 平屋

c0116631_09455085.jpg
佐久市の開く家
一昨年からご実家の横という計画が続きました。
不思議なもので、思考や条件が似た計画が続く事がありますが、今年は平屋の計画が続きます。

c0116631_09544000.jpg
平屋のもつ利点や暮らしやすさに対する可能性は色々とありますが敷地全体を室内と絡めて考えられることが大きいと思います。
例えばインナーテラスや坪庭を配置し外部からは見えないけれど内部は思い切り開放出来る事。
そして今計画中の平屋「SAKUちゃんの平屋(仮称)」ではカーテンをつけず暮らせる家を目指して進んでいます。


# by studio-aula | 2016-07-21 09:55 | Comments(0)

講習会

c0116631_10080842.jpg
「信州準寒冷地温熱教室2016」JIA日本建築家協会長野クラブ主催の環境設計セミナー(6回コース)へ参加しています。
ソフトを使っても言葉で説明できても本質的にどのような意味を持つのかを理解できている人は少ないといわれるお話を岐阜県立森林分化アカデミー准教授の辻 充孝さんの全6回の講義により実務に基づき建築家が得意とするコートハウスや平屋住宅にも取り入れる事が出来る内容になっています。

ハウスメーカーさんの総2階で外皮面積を少なくする規格型住宅で謳い文句にされているZEH(ゼロエネルギー住宅)2020基準はそれは出来て当たり前なのでしょうが、住まい手の拘りにひとつずつに対応する為に建築家・建築士も自ら考えるべく知識を蓄積しています。しかし政府の補助金は工期の面では設計事務所は太刀打ち出来そうもありません。


# by studio-aula | 2016-07-19 10:22 | Comments(0)

EPISODE-Mリノベーション

c0116631_08412853.jpg
安曇野市で設計を進めていました「EPISODE-M」が工事契約を完了し来週、解体より着工することになりました。
農家住宅だった畑や納屋、池や庭もある約築70年ほどの住宅の最初の相談は「改修」か「新築」か?からはじまりました。
新築で考えた場合には
解体費用にもお金もかかり新築にした場合には恐らく総2階で25坪前後の床面積の家になるだろうと思いました。
しかし、今の住まい方を見てみると広縁の廻った通し間を夏の間は客間やトレーニングルーム、図書室として使っていて古いものと付き合っていけそうな
若いお施主さんということもあり大規模改修の方向性を提案しました。
もちろん安全を確保する為に、LDKは基礎を打ち直し耐震補強も万全に行います。広縁と水回りも同様に基礎と耐震壁を補強し通し間は内装はそのままで
基礎補強を行い現在の建築基準法に添った住宅へ改修する事にしました。
また使われていなかった2階も耐震補強を行い、間取りを変えて断熱材を入れます。
古い建具や手洗いなどを再活用することでコストを抑え古いものと新しいものが共存する形でまとまりました。
大規模改修は思いがけず時間も費用もかかることもありますが、またひとつひとつ現場で職人さんと解決しながら進めて行きたいと思います。

# by studio-aula | 2016-07-19 08:56 | Comments(0)

仕上げ工事中です。

c0116631_05441569.jpg
c0116631_05444981.jpg
c0116631_05453195.jpg
塩尻の二世帯住宅の現場です。
内装工事が進み来週から内部左官漆喰塗と設備と照明、電気工事の仕上げに入ります。
仮住まいで過ごしている80代のご家族もいます。
引っ越しまであと半月になりました。
解体から長い工事期間を乗り切って皆が健康でほっとしています。




# by studio-aula | 2016-07-17 05:51 | 庭とアクアリウムが繋ぐ二世帯 | Comments(0)